SUB-Q注入によるプチ豊胸について

ヒアルロン酸SUB-Q注入のプチ豊胸でバストアップはいかが?

豊胸手術をお考えになったことのある方でも、「SUB-Q(サブ・キュー)」という単語はあまり聞いたことがないのではないでしょうか。これは、プチ豊胸に使われるヒアルロン酸の名前です。バッグ挿入法脂肪注入法による豊胸手術は、身体に傷を付けますし、様々なリスクがあって、なかなか踏み切れない方も多いと思います。しかし、ヒアルロン酸を注入するだけのプチ豊胸であれば、バストの小さい方にとって魅力的な豊胸法ですね。

もともとヒアルロン酸というのは、人間の身体の皮膚や細胞に含まれている物質なので、安全性が高く、アレルギーを起こす心配もありません。しかもバスト、主に脇の付け根に細い針で注射をするだけなので、バッグを入れるような切開はもちろん、脂肪注入程の傷も残りません。施術時間も30~40分程度で、当日から普段通りの生活が可能です。豊胸手術としては極めて手軽で、まさにプチ豊胸といわれるのに相応しいでしょう。

このヒアルロン酸注入に現在使用されているのがSUB-Qです。SUB-Qは、正式には「マクロレンVRF30」というヒアルロン酸の一種です。顔のプチ整形に使われているヒアルロン酸に比べて粒子が10倍ほどの荒いもので、そのため身体への吸収率が遅く、効果が長続きする特徴があります。ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまい、豊胸効果も1年程しか持たないというのが欠点でしたが、このSUB-Qなら、往来のヒアルロン酸の2~3倍持続可能なのです。

このSUB-Q注入は、一回の注入で1~2カップほどのサイズアップしか出来なく、豊胸手術に比べて大きさには限界があります。しかし、部分的に注入出来ることから、望みどおりのバストデザインに調整が可能です。大きさだけでなく、形の美しさによって魅力的なバストが作れるというわけです。

現在ほとんどの医療機関で使用されているSUB-Qは、スウェーデンのQ-MED社の製品であり、FDA(アメリカ食品医薬品局)の公認を受けている純正品です。その品質と安全性の高さもこのSUB-Qの魅力でしょう。憧れの豊かで美しいバストを即手に入れたいという場合は、豊胸手術よりも安全で手軽なSUB-Q注入も考慮に入れてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加