ストレス解消によるバストアップ効果

ストレス解消でバストアップの大敵をやっつけよう!

現代人にとって、ストレスは大きな敵です。うつ病やPTSD(心的外傷後ストレス障害)など、ストレスによる精神的な病気は、大変多いものとなっています。そして、こうしたストレスは、実はバストアップの大きな妨げにもなっているのです。

ストレスを感じると、自律神経が乱れ、その結果女性ホルモンの分泌も乱れます。自律神経は、脳下垂体の視床下部によって調整されていますが、ストレスを受けると、交感神経が優位になり、心身ともに緊張状態になります。すると、女性ホルモンの分泌が低下してしまいます。バストアップは女性ホルモンの分泌によってなされるものですから、女性ホルモンの低下によって当然妨げられてしまうのです。

女性ホルモンの乱れは、バストアップを妨げる以外にも、生理不順・生理痛・PMS(月経前症候群)・ニキビ・肌荒れといった症状を引き起こします。ですから、ストレスを解消し、心身ともにリラックスさせ、副交感神経を優位にしなければなりません。では、ストレス解消をするにはどうしたら良いのでしょうか。

ストレス解消の一番の方法は、原因を解消することです。しかし、それが無くならないからこそストレスとなっているわけですね。ですから、ストレスを緩和することが大切です。それにはまず、食事・睡眠・運動の3つが最も重要でしょう。「好きなものを食べる」、「ぐっすり眠る」、「散歩をする」などは、一番多く実践されるストレス解消法ではないでしょうか。

その他には、お風呂・音楽、映画鑑賞・スポーツ・おしゃべり・ショッピングなど、とにかく好きなことをして楽しむ時間を持つことが一番です。また、楽しむだけでなく、実は思いっきり泣くことも、ストレス解消になるのです。ですから、一晩とことん落ち込んで泣いてみるとか、悲しい映画や本で泣いてみるのも、意外にスッキリするかもしれません。

現代人は、仕事・家庭・学校において、対人関係などなどの様々なトラブルによって、多大なストレスを抱えています。その人の性格によるところが大きいものですが、出来るだけ受け止めずに流してしまうことも大切です。そして、受け止めた時は出来るだけポジティブに考えましょう。ストレスはなるべく溜めず、溜まったら上手に解消することで、バストアップにも効果が現れるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加