光豊胸というバストアップ法について

豊胸手術とエステの良いとこ取り!?光豊胸の実態とは

バストは大きくしたいけれど、豊胸手術まではしたくない方にとって、プチ豊胸やエステはとても魅力的だと思います。そのプチ豊胸とエステの中間に位置するものとして、光豊胸というものがあります。これは、幅広い波長帯をもつ特殊な光をバストに照射するだけのもので、もちろんメスどころか、注射なども使用しません。副作用もない光を当てるだけですから、リスクが無く安心でしょう。
(⇒豊胸手術より安全なプチ豊胸
(⇒エステによるバストアップ法

この特殊な光によって、組織浸透圧を下げ、脂肪への圧力を弱めることによって、一つ一つの細胞が栄養を吸収し、膨張しやすくなります。その結果、バストが膨らむというわけですね。潰れてしまったり、成長期に成長出来なかった細胞にも作用するため、バストの脂肪を最大限に活かせます。

また、コラーゲンを発生させて、バストを支えているクーパー靭帯が強化され、また整います。バストの脂肪は、このクーパー靭帯で吊り上げている状態ですから、上向きのハリを与えることが出来るのです。そして、血管が拡張されることによって、血行が良くなり、新陳代謝が活発になります。すると、バストにハリを与えるだけでなく、女性ホルモンの分泌を活発にし、さらにバストアップ効果が増すのです。

光を当てるだけでこれだけの効果があるのですから、すぐにでも飛びつきたくなる豊胸法ですが、もちろん良いことだけではありません。個人差はあるものの、1~2回ですぐに効果が現れるわけではなく、何回も通わなくてはいけません。また、自分が持っている脂肪細胞を活かす方法ですから、元々バストに脂肪が少ない人には効果がありません。それに、脂肪があったとしても、豊胸手術ほどのサイズアップは無理でしょう。1カップほどのアップが限界です。

豊胸手術に比べて安全なのはいうまでもありませんが、効果が弱い点が欠点です。何回も通うため、費用もばかにはならないでしょう。しかし、バストアップをしたくても、自分ではなかなか効果が現れないものです。手術までは踏み出せない方にとっては、選択の余地がある豊胸法でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加