豊胸剤の効果と危険性

豊胸剤でのバストアップは注意が必要!自己判断は止めましょう

バストアップに興味のある方でしたら、豊胸剤という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。普通はあまり耳にすることの無い名前ですね。これは文字通り豊胸をするための薬で、一般的に豊胸ピルと呼ばれているものです。ピルという名前でお分かりのように、卵胞ホルモンであるエストロゲンで、ほとんどがカプセルかタブレット状の錠剤です。

この豊胸剤というのは、脳下垂体を刺激することによって、成長ホルモンを活性化させます。バストというのは、成長期に乳腺が発達し、それを支える脂肪が増えることによって大きくなりますが、この思春期のようにバストを成長させるという薬なのです。エストロゲンによって、脂肪組織をバストに蓄積させるわけですね。

女性の体内においては、血中ホルモンが少なくなると、脳下垂体に命令が下り、ホルモンの分泌を促します。そしてホルモンが十分になると、分泌を止めるのです。女性ホルモンは本来こうしてある一定量に保たれていますから、豊胸剤によって、飲んでホルモンを増やすというよりは、血中ホルモンを活性化する働きによって、脳下垂体を刺激すると考えていただければ良いでしょう。

ダイレクトに卵胞ホルモンを飲むわけですから、ホルモンバランスに大きな影響を与えます。ニューハーフがバストを膨らますために使用されるほど、その効果も高いのですが、その分副作用もあるというわけです。飲むだけでバストアップが出来るからと、自分で判断して過剰に摂取してしまうのは大変危険です。医師の診断などを仰ぎ、自分の身体のホルモンバランスに合わせて服用しましょう。

そして、出来ればこうした薬を使用せず、バストアップに効果的な食事や運動などを心掛け、健康的に豊胸されることをおすすめします。
(⇒バストアップに効果的な食生活
(⇒バストアップに効果的な運動

このエントリーをはてなブックマークに追加