運動療法によるバストアップ効果

運動療法で自然なバストアップ!食事療法と併せて最強の効果を!

手術に頼らず、健康的にバストアップをするには、食事療法に合わせて運動療法を行うことで、より効果が増します。そして、運動療法の一番の目的は大胸筋を鍛えることです。バスト自体は脂肪で出来ているので鍛えようがありませんが、バストを支える大胸筋を鍛えることで、バストアップが出来るのです
(⇒バストアップに効果的な食事療法

大胸筋が緩んでいると、バストにハリが無くなって、垂れてしまいますし、バストの脂肪も衰えてしまいます。運動によって大胸筋を鍛えることで、バストにハリを与え、脂肪を活性化してくれるのです。さらに、バスト周りのリンパや血液の流れも良くなるので、かなりのバストアップ効果が期待出来るでしょう。

大胸筋を鍛えるには、筋トレやストレッチ、ダンベル体操などがありますが、どれも自分で簡単に出来るものです。毎日の習慣にして、続けてみてください。長期間続けなければ効果は表れませんし、効果が出ても止めてしまえばまた戻ってしまいます。3日坊主でなく、努力し続けることで、美しいバストが手に入るのです。
(⇒バストアップに効果的な筋トレ
(⇒バストアップに効果的なストレッチ
(⇒バストアップに効果的なダンベル体操

もちろん豊胸手術のように大幅なサイズアップは望めませんが、バストアップの効果は必ず現れます。しかも自分の本物のバストが大きくなるのであれば、それは最高なことだと思いませんか。リスクどころか、より健康になれることも最大の魅力です。食事と運動によるバストアップは、何よりおすすめの豊胸法なのです。

ただ、筋肉というのは、鍛え過ぎると脂肪を燃焼させてしまいます。バストの脂肪まで燃焼させてしまったら、逆効果になりますね。小さくなってしまいます。ですから鍛えようと躍起になって度が過ぎないようにしてください。食事療法と同じように、何事も大切なのはバランス良くほどほどに・・なのです。毎日の少しの努力で、バストの垂れを防ぎ、ハリのあるバストを手に入れてみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加