挿入したバッグ取り出しの危険性

想像以上に危険なバッグの取り出し!入れた時から絶対不可欠なのです

バストにバッグを挿入して、理想のバストを手に入れても、それは永遠に続くわけではありません。いくら最新のバッグが丈夫でも、限界はあります。ほとんどの場合がバッグは10年で寿命がくるとされており、入れたバッグは必ず取り出すことになるのです。もちろん、この寿命が来る前に取りださねばならない事態も少なくありません。

バッグが破損したり、ズレたりといったことは、実は結構よくあるトラブルなのです。破損すればぺちゃんこになったり、いびつになってしまいますし、ズレれば左右非対称になったり、不自然な状態になってしまいます。見た目にも一目でバレてしまいますので、再手術を余儀なくされます。また、一番多い拘縮によっても、症状がひどければ、同様に取り出し、入れ替えをしなければなりません。
(⇒バッグのズレによる不自然さ

しかし、バッグを取り出すと一言で言っても、入れた時のように簡単にはいきません。バッグは体内において、周囲の繊維と癒着しています。組織からキレイに、残留物の無いように除去しなくてはならないのです。これには医師の高い技術を要します。この取り出しの際に乳腺や血管・筋肉などの組織を傷付けてしまうと、感染症などの後遺症の恐れもあります。場合によっては、授乳が出来なくなってしまうという事態も起こるでしょう。

さらに、バッグを除去した後は、バストが委縮する傾向にあり、挿入前のバストに戻らず、変形や縮小をすることもあります。つまり、バッグの除去は決して簡単なものではなく、心身ともに負担が大きいものなのです。もちろん入れ替えで再び挿入すれば、また同様の経過を辿ることになるでしょう。傷跡もその度に増えていくことになります。

しかも忘れてはならないのが、いずれ人は年を取り、筋肉や脂肪が衰えてきます。すると挿入したバッグだけが不自然に目立ってくることも避けられません。もしあなたがとても幸運で、バッグに何のトラブルもなく、寿命が来なかったとしても、果たしてバッグを永遠に入れたままにしておくことは出来るのでしょうか。取りだす時の大きなリスクは、まず確実に避けられないことを覚悟しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加