最新注入法と医師の技術の大切さ

生着率アップの注入法も、それを活かせる医師の技量次第!?

自分のお腹や脚から脂肪を吸引して、それをバストに吸引するのが脂肪注入による豊胸手術です。しかし、吸引した脂肪をそのままバストに吸入しても、ほとんどが生着せずに死んでしまうか、もしくは吸収されてしまい、豊胸の効果が台無しです。しかも何より、壊死や石灰化を引き起こして身体にも悪影響を及ぼしてしまいます。それでは意味が無いので、現在では最新技術によって、生着率がぐんと上がる方法が取られています。
(⇒脂肪中による壊死について

そして、その代表ともいえるのがコンデンスリッチファット豊胸です。これは、取り出した脂肪から死活・老化細胞や不純物を除去し、健康で新鮮なコンデンスリッチファット(濃縮脂肪細胞)だけを注入する方法です。このコンデンスリッチファットの抽出は、FDA(アメリカ食品医薬品局)承認のLIPOMAX-SCという専用のウェイトフィルターで、圧力を加えて遠心分離して行います。そして、「日本医療脂肪幹細胞研究会CRF協会」に認可を受けた医師のみが施術可能です。

つまり、この施術を行うには、専用機器と認定医が必要だということです。くれぐれもその辺を確認して受けるべきですね。かなり高い生着率が期待出来るため、石灰化やしこりを防ぎ、持続率も長くなる手術です。どうせ受けるのなら、信頼出来る病院で受けましょう。

この他にも生着率を上げる方法として、脂肪幹細胞注入法があります。これは取り出した脂肪の一部から幹細胞を抽出し、残りの脂肪と混ぜて注入する方法です。幹細胞というのは色々な細胞に変化する性質があるので、注入先のバストで増殖し、血管にもなって生着を促進していきます。再生医療の要となっている細胞だけに、その効果は絶大だといえるでしょう。

今までは取りだした脂肪の半分から細胞幹を抽出し、残りの半分と混ぜて注入していましたが、今は少量の脂肪から細胞幹を抽出して、生体内・生体外で培養して移植する方法も取られており、さらなる効率アップが期待されるところです。でもこの方法をするには、それに見合った設備と医師が必要となります。

こうした生着率アップのための技術にも、信頼ある医師であることが必要ですが、何より実際に注入する際には、バストの形や状態を見ながら丁寧に確実に注入していく必要があります。注入する量や、入れ方によっては、固くなったりいびつになったりと、トラブルも多いものです。どんなに良い脂肪を注入しても、注入の仕方で失敗しては台無しですよね。経験豊富で技術の高い医師を選ばねばなりせんが、これは実際のところ難しい問題です。とにかく大事な身体を委ねるのですから、後で後悔しても遅いことをお忘れなく。

このエントリーをはてなブックマークに追加