プチ豊胸のリスクについて

絶対安全はあり得ない?プチ豊胸にもやっぱりあるリスクとは・・

プチ豊胸には、バッグ挿入や脂肪注入ほどのリスクはありません。ヒアルロン酸注入を始め、安全性の高いものが多く、深刻なリスクが無いのが最大のメリットです。しかし、やはり人工的にバストに施術をするのですから、全く問題がないわけではないのです。

光豊胸やその他豊胸エステでは、体内への施術がないので問題はほとんどありませんが、ヒアルロン酸注入法や、PPP+PRP豊胸では、バストに注入するという施術を行いますね。細い針の注射器による注入ですから、傷跡が残ることはありませんが、注入の仕方によって、バストへのリスクがあるのです。

異物ではないにしろ、本来無い場所に本来無い物を入れるわけですから、当然身体に良い事ではないのは想像がつくのではないでしょうか。入れ過ぎたり、入れ方が悪ければ、脂肪注入と同様、固くしこりになったり、形がいびつになったりしてしまいます。感触が固かったり、凸凹のバストになってしまったら、プチ豊胸といえども、豊胸をしたことがわかってしまいますね。

安全で手軽だからと安易に受けて、理想のバストどころか、不自然なバストになってしまっては本末転倒です。しかも、リスクとは言えないまでも、プチ豊胸の効果は、せいぜい1カップ程だという現実があります。そのわずかなサイズアップのために、もし大きなダメージを受けてしまっては悲しいですよね。

かといって、リスクの無い光豊胸やマッサージ・EMSなどの豊胸エステでは、さらにサイズアップ効果は期待出来ません。結局、バストを人工的に大きくしようとすればリスクは付き物ですし、リスクを避ければ大幅なバストアップは望めないということでしょう。それほどまでにバストを大きくする必要があればの話ですが・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加