豊胸手術ブログ

記事一覧

結局バッグ挿入法よりも本当に良い?脂肪注入法の効果の実態は?

さて、人口バッグ挿入法よりは、リスクも少なそうな脂肪注入法ですが、実際の所、その効果はいかなるものなのでしょうか。人口バッグはわかりやすいですよね。バッグを入れた分、バストがそのまま大きくなるわけですから。しかも形も挿入場所も希望通りに行われますから、自分の望んだ大きさ・形が手に入るわけです。しかし、残念ながら、脂肪注入法は、そうそう希望通りのバストに仕上がるとは限らないのです。

興味を持ってこれを読んでくださっている方でしたら、すでによくご存知でしょうが、脂肪注入法というのは、自分のお腹や脚から脂肪を吸引し、それをバストに注入する手術です。バッグを入れる時のような切開は不要ですし、何より人工物を身体に入れるという大きな不安がありません。しかし、注入する脂肪というのは、もともと体内にあったものであり、バストに生着してくれなかった脂肪は身体に吸収されてしまいます。

いくら最新技術によって、生着率の高い注入法で行ったとしても、100%生着することは不可能でしょう。つまり、その吸収されてしまった分だけ小さくなってしまうということです。幸い石灰化などが起こらなかった場合でも、小さくなってしまっては、本来の豊胸という目的が果たせませんね。勿論、それは極端な話で、小さくなるといってもわずかなサイズダウンがほとんどです。しかし、バッグと違って、好きなだけ大きく出来る訳でなく、自分の吸引する脂肪の量にもよりますし、注入し過ぎれば、それこそ石灰化の原因になってしまいます

さらに、その時は、ある程度希望通りの大きさに仕上がったとしても、時が経つにつれて段々小さくなってしまう場合が少なくありません。バッグの寿命は平均10.年といわれていますが、実は脂肪注入法の効果はもっと短いかと思われます。もともとバッグ程のサイズアップは難しいうえに、バッグより早く効果が無くなってしまうのであれば、いっそ人工物のバッグを入れた方が良いのでは・・と、思ってしまうのも無理はないでしょう。要するにどっちもどっちのリスクを負うということです。

まして、脂肪注入の場合、医師が大きさや形を整えながら注入していきます。カウンセリングでいくらよく話し合っていても、全く希望通りにいくとは限りません。その効果は医師の技術だけでなく、バストをデザインするセンスと経験が要求されるのです。つまり、脂肪注入法で望みどおりの効果を期待するのは、かなり難しいといっても過言ではありません。理想のバストが欲しいがために、意を決して豊胸手術に挑んでも、その決心の固さだけの効果が出るとは限らないのです。それでもやはりバストを大きくするために、豊胸手術を受けるのは得策とは思えないのですが・・。

本当に大きくする必要あり?豊胸手術するより魅力的なバストでは?

バストが小さいと悩む女性は数多くいます。深刻なコンプレックスとなっている人も少なくないでしょう。しかし、実際に見てみると、そういう方に限って、スリムでとても魅力的なスタイルをしている人が多いのです。たしかに痩せ型の人は脂肪自体が少ないため、バストも小ぶりな場合が多いですが、それは全身のバランスとして個性であり、魅力でもあります。逆に、脂肪の多い太めの人はバストも大きい人が多いでしょう。これも体質であり、全身のバランスです。バストに限らず、身体のパーツは皆、その人に合った大きさや形をしているものなのです。

人はどうしても無い物ねだりですから、自分のバストが小さいと、大きければ良いなと願うものでしょう。しかし、逆に大きな人からすると、もっと目立たなくしたい、可愛く服を着こなせるよう、小さくしたいと願う場合もあるのです。実際に、男性の好みも人それぞれで、大きいバストばかりを望むわけではありません。実際は、小さいバストを好む方も大勢いるのです。バストを大きくするという必要性は、本当にその人それぞれの価値観に他ならないというわけですね。

ですから、単に小さいから大きくしたいと思う前に、まず自分の体型や個性の一部として、本当に大きくする必要があるのかどうかを考えてみてください。それでもどうしても大きくしたいのであれば、急いで手術に踏み切る前に、食事や運動、サプリ等で自然のバストアップを試みることから始めてみませんか。リスクの大きな豊胸手術は決しておすすめ出来ません。人工的に手を加えて、不自然に大きくしたバストは、自然で健康的なバストには到底敵わないものなのですから。
(⇒豊胸手術の危険と勧められない理由

壊死は豊胸手術のメジャーリスク?脂肪注入と切っても切れない関係

豊胸手術にリスクがあるのは当然ですが、中でもバッグ挿入法の拘縮と、脂肪注入法の壊死は、2大リスクとも呼べるのではないでしょうか。数あるデメリットの中でも、豊胸手術を語る中で、この2つのリスクは絶対に名前が挙がることでしょう。バッグの拘縮も、最新バッグの開発によって随分軽減されましたが、脂肪注入法も、注入法によってその危険性はかなり軽減されています。

まず壊死というのは、そもそも体内の細胞が破壊されて死んでしまうことです。文字から想像されるように、怖いイメージがありますね。豊胸手術のリスクとして起こる壊死は、それほど深刻ではないので安心してください。豊胸手術での壊死というのは、バストに注入した脂肪が上手く生着せずに死んでしまい、石灰化してしまうことです。これはしこりや痛みという症状で表れる他、しこりが大きければ形のいびつという外見上の問題にも表れます。

この壊死は、上手く注入しても避けられないリスクですが、医者の技術の低さによって、入れ過ぎたり入れ方が悪かったりすれば、よりリスクを高めます。後で症状が表れた時に対処してもらうことも考えると、バッグ挿入法に負けず劣らず、医師の技術とセンスが要求されるでしょう。くれぐれも安さや宣伝に紛らわされないでくださいね。

軽度の壊死による石灰化であれば、重大なことにはならず、やがて身体に吸収されていきますが、ひどくなると、壊死した脂肪組織の周りで炎症が起こり、痛みやハレを伴うことになります。これはどちらも問題で、吸収されてしまえバストのサイズダウンになってしまいますし、炎症が起これば受診して処置をしてもらうことになります。乳腺を圧迫したり、異物感もひどくなるので、最悪の場合は石灰化部分を取り出す再手術もあり得ますね。

また、この壊死による石灰化は、乳がん検診などで、よく乳がんと間違って診断されることがあります。診断の際にはキチンと申告する必要があるだけでなく、実際の乳がんの発見が遅れる可能性もあるでしょう。手術をしたのがバレるのが嫌だったり、申告するのが面倒だという気持ちから検診を遠ざけないで、キチンと受けるようにしましょう。

今は、脂肪幹細胞注入法コンデンスリッチ注入法など、こうした壊死を防ぐ最新技術のおかげでかなり軽減されてはいますが、相変わらず石灰化のリスクはトップを争うデメリットとなっています。なんにしろ、豊胸手術を受けた以上、何らかのリスクを背負うことは当たり前だと思ってください。いくらメリットに目がくらんでも、その陰にあるデメリットもキチンと理解し、後悔しないようにしましょう。この後悔・・実は非常に多いのですから。

危険を承知で受ける覚悟あり?豊胸手術の前に考えるコト

豊かで美しいバストは女性の憧れです。バストの小さな女性にとっては、そのコンプレックスは計り知れません。ずっと悩みを抱えているより、豊胸手術で大きくしてしまおうと思う気持ちはよくわかります。実際、バストを大きくしたことで明るく前向きになり、楽しい毎日を過ごせるかもしれません。しかし、それはあくまでも手術が成功し、トラブルが無かった場合ですね。実情は、様々な後遺症や不安を抱え、後悔している方も決して少なくはないことを忘れてはなりません。

豊胸手術には、リスクがとてもたくさんあります。バッグを挿入した場合では、身体の拒絶反応によりカプセル拘縮を起こしたり、異物感や痛みに耐えきれない場合もあります。人工物を身体に埋め込むのですから、それは当然の結果ですね。脂肪を注入した場合でも、生着できずに石灰化してしこりになってしまったりといったリスクがあります。入れ方によっては、形がいびつになったり固くなったりといった問題もあるのです。もちろん手術によって傷跡が付いてしまうことも忘れてはなりません。
(⇒バッグ挿入法による異物感
(⇒脂肪注入法による壊死

このように、豊胸手術には他にもたくさんの失敗や後遺症が起こる場合がありますが、一度手術をしてしまえば、元通りには決してなりません。バッグを取り出したり、脂肪が吸収されてしまっても、必ず周りの組織に影響し、また乳腺や脂肪も元のままには戻らないでしょう。かえって小さくなってしまう場合すらありますし、再手術をするには、再び同じだけのリスクを負うことになります。
(⇒バッグ取り出しの危険性

バストの中を人工的にいじるのは、とても怖い事です。女性にとって大切な場所だからこそ、小さいというだけで、正常なバストにメスを入れるのは決しておすすめできることではありません。たとえ完璧に手術が成功して、大きなバストになったとしても、服を脱いだら見た目も感触も不自然では、周りは引いてしまいますし、自分もバレないかという不安を常に負うことになるでしょう。バストの魅力は、決して大きいだけではありません。ハリとつやがあり、自然で健康的なバストに勝るものはないのです。

心身ともに大きなダメージを背負ってでも、どうしてもバストを大きくしたいと思うのであれば、豊胸手術もしょうがないかもしれません。しかし、バストが小さいという悩みよりも、もっと大きな悩みを抱えてしまう可能性も覚悟しなければいけないのです。出来ればよく考え、まずは自分で出来る食事療法や運動療法など、生活習慣の改善から始めてみてはいかがでしょう。とりあえず補正下着などで大きく見せて、徐々に本物のバストアップをしていくという手もおすすめですよ。
(⇒補正下着から始めるバストアップ

いきなりのボリュームアップから理想のバストアップを作る補正下着

バストの小さい女性にとっては、胸の開いた服をセクシーに着こなすことは大きな夢ですね。豊胸手術を考える女性の大半が、男性に魅力的に見せたいという理由からだと思います。しかし、豊胸手術で手に入れたバストは、実際の見た目や感触が、どうしても不自然であり、それが男性に受け入れらるかどうかは疑問です。そこで、まずは補正下着によって、服を着た状態でのバストアップから始めてみてはいかがでしょうか。

バストアップ用の補正下着には、ブラジャーの他、ニッパーやバストアップシェイパーなどがありますが、どれもお腹や背中、ウエストのお肉をしっかりバストに集めてくれる頼もしい味方です。集められる肉というのは、本来バストから流れてしまったものが大半なので、こうして本来の場所を教えてあげることで、実際に肉が移動し、バストアップが出来るのです。
(⇒バストアップ用ブラジャー
(⇒バストアップ用ニッパー

周りの気になる部分を引き締めて、バストにボリュームアップ、リフトアップをすることが出来ますから、見た目にかなりなサイズアップが出来、憧れの谷間も作れます。背筋も伸び、姿勢が良くなる効果もあるため、かなり魅力的で美しい外見を手に入れることが出来るでしょう。今は有名下着メーカーなどでも数多く販売もしていますから、デザインも品質も良いものが多くて嬉しいですね。

こうした補正下着は、自分のサイズと形に合ったものを正しく着用することが大切です。ですから、出来れば専門店でキチンと選んでもらい、正しいつけ方をレクチャーしてもらいましょう。下着としては多少高額にはなりますが、豊胸手術やエステに通うことを考えたら、比べものにもなりません。それで、憧れのバストを手に入れるのであれば安いものでしょう。

しかも、バストに手を加えることなく、いきなりサイズアップが出来るだけでなく、段々自分のバストを理想に近づけてくれるのですから、とてもおすすめだといえます。服を脱いだ時に不自然なバストをさらすより、多少小さくても、自然のバストで居た方が絶対に不安も心配もないと思いませんか。水着や下着姿用のバストアップ用パットだってあるのですから、わざわざバストの中にバッグなどを入れる必要はないのではないでしょうか。

生着率アップの注入法も、それを活かせる医師の技量次第!?

自分のお腹や脚から脂肪を吸引して、それをバストに吸引するのが脂肪注入による豊胸手術です。しかし、吸引した脂肪をそのままバストに吸入しても、ほとんどが生着せずに死んでしまうか、もしくは吸収されてしまい、豊胸の効果が台無しです。しかも何より、壊死や石灰化を引き起こして身体にも悪影響を及ぼしてしまいます。それでは意味が無いので、現在では最新技術によって、生着率がぐんと上がる方法が取られています。
(⇒脂肪中による壊死について

そして、その代表ともいえるのがコンデンスリッチファット豊胸です。これは、取り出した脂肪から死活・老化細胞や不純物を除去し、健康で新鮮なコンデンスリッチファット(濃縮脂肪細胞)だけを注入する方法です。このコンデンスリッチファットの抽出は、FDA(アメリカ食品医薬品局)承認のLIPOMAX-SCという専用のウェイトフィルターで、圧力を加えて遠心分離して行います。そして、「日本医療脂肪幹細胞研究会CRF協会」に認可を受けた医師のみが施術可能です。

つまり、この施術を行うには、専用機器と認定医が必要だということです。くれぐれもその辺を確認して受けるべきですね。かなり高い生着率が期待出来るため、石灰化やしこりを防ぎ、持続率も長くなる手術です。どうせ受けるのなら、信頼出来る病院で受けましょう。

この他にも生着率を上げる方法として、脂肪幹細胞注入法があります。これは取り出した脂肪の一部から幹細胞を抽出し、残りの脂肪と混ぜて注入する方法です。幹細胞というのは色々な細胞に変化する性質があるので、注入先のバストで増殖し、血管にもなって生着を促進していきます。再生医療の要となっている細胞だけに、その効果は絶大だといえるでしょう。

今までは取りだした脂肪の半分から細胞幹を抽出し、残りの半分と混ぜて注入していましたが、今は少量の脂肪から細胞幹を抽出して、生体内・生体外で培養して移植する方法も取られており、さらなる効率アップが期待されるところです。でもこの方法をするには、それに見合った設備と医師が必要となります。

こうした生着率アップのための技術にも、信頼ある医師であることが必要ですが、何より実際に注入する際には、バストの形や状態を見ながら丁寧に確実に注入していく必要があります。注入する量や、入れ方によっては、固くなったりいびつになったりと、トラブルも多いものです。どんなに良い脂肪を注入しても、注入の仕方で失敗しては台無しですよね。経験豊富で技術の高い医師を選ばねばなりせんが、これは実際のところ難しい問題です。とにかく大事な身体を委ねるのですから、後で後悔しても遅いことをお忘れなく。

バッグよりはまし!?脂肪注入法もデメリットはどんぐりの背比べ

豊胸手術において、バッグ挿入法と並ぶ方法に脂肪注入法があります。これはそもそも乳房の再建を目的とした再生医療から生まれた方法であり、安全性でいえば、バッグ挿入法よりも高いかもしれません。バストに挿入するのが人工物でなく、自分の脂肪だという安心感があるからです。自分の気になる部分から脂肪を吸引するので、痩身を望む人には一石二鳥だといえるでしょう。

しかし、安全性が高いとは言っても、バッグに比べれば・・と、いうことです。手術にはリスクが付き物であり、この脂肪注入においても例外ではありません。一番多いリスクとしては、生着出来なかった脂肪が壊死を引き起こすことでしょう。そしてそれを軽減する為に、再生医療である脂肪幹細胞注入法が生まれました。

幹細胞は、色々な細胞に変化し、分裂を繰り返して増殖するので、人間の失われた臓器や組織を作り出す再生医療の核となるものです。ですから、抽出した脂肪の半分からこの幹細胞を取り出して、残りの脂肪と混ぜてバストに挿入することで、バストで血管を新生し、増殖していきます。つまり生着率が高くなるわけです。ただこの方法だと、注入する2倍の脂肪を吸引しなくてはならないので、現在では少量の脂肪から幹細胞を取り出し培養する方法も取られ、さらに生着率を上げています。

そして、脂肪注入法の最新医療として、今最も行われているのがコンデンスリッチ法でしょうか。取りだした脂肪を専用のウェイトフィルターにかけ、圧力による遠心分離によって、死活・老化細胞・不純物を除去することで、良質で新鮮な脂肪のみに濃縮されます。ですから定着率もグンと高く、持続率もアップするのです。外気に触れずに濃縮するため、感染症の軽減にも効果があります。

こうしてみると、じゃあ問題ないんじゃないの・・と、お思いになるかもしれませんが、これはあくまでも生着率が高まったというだけで、100%になったというわけではありません。壊死した脂肪が石灰化するリスクは無くなってはいないのです。いくら人工物ではないとはいえ、他の部分から取った脂肪をバストに入れるわけですから、もとと同じの状態になるわけはありません。しこりや炎症の後遺症は多かれ少なかれ起こるでしょう。

感触や見た目は自然かもしれませんし、レントゲンなどでも写らないため、豊胸だとバレる心配は、バッグ挿入に比べればかなり低いでしょう。でも脂肪吸引というもうひと過程を経なければなりませんし、せっかく注入した脂肪が吸収されて持続しない場合も考えると、バッグ挿入法とどっこいどっこいなのではないかと思ってしまいます。

姿勢の良さは肩甲骨にも好影響!バスト周りを正してバストアップを

バストアップには、良い姿勢を保つという生活習慣が大切になってきます。猫背はバストに重要な大胸筋を緩め、バストの垂れを生じさせるばかりか、血流も悪くなって、乳腺や脂肪の活発化を妨げてしまうのです。また、骨が歪むことで、血行ばかりでなく、ホルモンの分泌も悪くしてしまうことからも、バストには悪影響となります。

バストアップには大胸筋を鍛えることが大切ですが、姿勢を正すことで、自然に大胸筋が鍛えられ、バストアップされるのです。しかし、大胸筋ばかりでなく、実は鎖骨から肩にかけては小胸筋もバストを支えています。そして、この小胸筋と繋がっているのが肩甲骨であり、まさに胸周りの筋肉を支える役割を果たしています。ですから、この肩甲骨が年齢や生活習慣によって歪むと、姿勢も悪くなるばかりでなく、バストも小さくなってしまうのです。

このように、大胸筋と同様に、肩甲骨もバストアップのためには大変重要となってきます。肩甲骨を柔らかく、緩んだ状態を保つことで、血行や代謝が良くなり、バストアップに繋がるのです。それには左右の肩甲骨を寄せるなどのストレッチが効果的ですが、やはり何と言っても、姿勢を正すことが、何より肩甲骨を良い状態に保ってくれるのです。

背筋をまっすぐに伸ばし、胸を張った正しい姿勢は、バスト周りの筋肉を良い状態に保ち、バストをしっかり支えてくれます。するとバストにハリが生まれ、自然なバストアップが出来るのです。食事や運動などの生活習慣に気を配りながら、さらに正しい姿勢を意識することで、見た目にも美しいとは言えないに猫背を改善し、バストの垂れを防ぎ、健康的なバストアップをしてみましょう。
(⇒バストアップに効果的な食生活
(⇒バルトアップに効果的な運動

姿勢を正してバストアップを実現!大胸筋強化でバストにハリを!

バストアップには、食事や運動などの生活習慣が大きく影響しますが、その生活習慣のうちでも、姿勢というのは大変重要になります。姿勢が悪く猫背になると、大胸筋が縮み、バストが垂れてしまいます。血流も悪くなるため、栄養も行き届かず、乳腺の発達に悪影響を及ぼすのです。また、姿勢の悪さによって、胸郭が歪んでしまうと、左右のバストのバランスも悪くなってしまいます。
(⇒バストアップに効果的な食生活
(⇒バストアップに効果的な大胸筋鍛錬

さらに、姿勢の悪さによる骨の歪みが生じると、血行が悪くなり、女性ホルモンの分泌も衰えてしまいます。女性ホルモンの分泌が悪くなれば、もちろんバストも小さくなりがちです。姿勢がバストアップにかなり影響があるのがおわかりいただけたでしょうか。

ですから、バストアップのためには、背筋を伸ばし、胸を張った、正しい姿勢を心掛けることがとても大切なのです。大げさではなく、姿勢を良くするだけで、バストアップが可能なのです。姿勢が良くなれば、大胸筋やバスト周りの筋肉が鍛えられますし、また、腹筋が強化されることによって、内臓の働きが活発になり、基礎代謝も良くなります。バストアップに効果的な要素がたくさん期待出来るというわけです。しかし、残念なことに、バストの小さい人に限って、バストを隠そうと猫背になりがちですね。でもそれでは明らかに逆効果となってしまうので、気を付けましょう。

理想的な姿勢というのは、背中・お尻・かかとが一直線上になった状態で、胸を張ります。これが正しい姿勢となるので、身体で憶えて、常にキープを心掛けましょう。そして、バストに自然なハリを与えてバストアップを図ってください。

想像以上に危険なバッグの取り出し!入れた時から絶対不可欠なのです

バストにバッグを挿入して、理想のバストを手に入れても、それは永遠に続くわけではありません。いくら最新のバッグが丈夫でも、限界はあります。ほとんどの場合がバッグは10年で寿命がくるとされており、入れたバッグは必ず取り出すことになるのです。もちろん、この寿命が来る前に取りださねばならない事態も少なくありません。

バッグが破損したり、ズレたりといったことは、実は結構よくあるトラブルなのです。破損すればぺちゃんこになったり、いびつになってしまいますし、ズレれば左右非対称になったり、不自然な状態になってしまいます。見た目にも一目でバレてしまいますので、再手術を余儀なくされます。また、一番多い拘縮によっても、症状がひどければ、同様に取り出し、入れ替えをしなければなりません。
(⇒バッグのズレによる不自然さ

しかし、バッグを取り出すと一言で言っても、入れた時のように簡単にはいきません。バッグは体内において、周囲の繊維と癒着しています。組織からキレイに、残留物の無いように除去しなくてはならないのです。これには医師の高い技術を要します。この取り出しの際に乳腺や血管・筋肉などの組織を傷付けてしまうと、感染症などの後遺症の恐れもあります。場合によっては、授乳が出来なくなってしまうという事態も起こるでしょう。

さらに、バッグを除去した後は、バストが委縮する傾向にあり、挿入前のバストに戻らず、変形や縮小をすることもあります。つまり、バッグの除去は決して簡単なものではなく、心身ともに負担が大きいものなのです。もちろん入れ替えで再び挿入すれば、また同様の経過を辿ることになるでしょう。傷跡もその度に増えていくことになります。

しかも忘れてはならないのが、いずれ人は年を取り、筋肉や脂肪が衰えてきます。すると挿入したバッグだけが不自然に目立ってくることも避けられません。もしあなたがとても幸運で、バッグに何のトラブルもなく、寿命が来なかったとしても、果たしてバッグを永遠に入れたままにしておくことは出来るのでしょうか。取りだす時の大きなリスクは、まず確実に避けられないことを覚悟しておきましょう。

3 / 3123