バッグ挿入による拘縮の危険性

バッグ挿入による拘縮・・リスクの大きさは理想のバストより大きい?

バッグ挿入法によるリスクの中でも、一番大きな、そして一番頻繁に起こる問題がカプセル拘縮です。豊胸手術に興味のある方でしたら、必ず目にする言葉ですね。まずこのカプセル拘縮がどんなものかというと、身体にシリコンバックという異物を入れたことへの拒絶反応です。

身体に異物が入ると、免疫反応によって、異物を排除させようとします。しかし排除出来ないため、他の器官に影響しないよう、周囲に繊維の膜を作って小さくしようと圧迫するのです。このバッグの周りに出来た膜が厚く固くなることを被膜拘縮といい、カプセル状に閉じ込める様子から、カプセル拘縮と呼ばれています。

本来バッグの周りには空間を持って、バッグが自然な動きを出来るように挿入します。しかし、この拘縮が起きるとバッグが動けなくなり、しかも固く張った状態で、見た目にもボールが入っているような不自然さになってしまいます。この不自然なバストによって、豊胸手術をしたとバレる人もかなりいます。もちろん見た目だけでなく、ハレや痛みも伴う場合もあり、身体にもダメージを与えます。

この拘縮を防ぐには術後のマッサージしかありません。もしくは、表面がザラザラのテクスチャードタイプのバッグなら、拘縮が起こらないため、マッサージ不要とされています。しかし、どちらの場合にしろ、拘縮の可能性はゼロにはならないでしょう。異物を入れる限り、多かれ少なかれ、健康な身体なら当然に起こる反応なのです。ひどくなければ幸いだったと思うしかありません。
(⇒術後のアフターケアについて

ではもしひどかったら・・・残念ながらバッグの取り出ししかないでしょう。つまり再手術です。再び身体にメスを入れ、身体に大きな負担を掛けることになるのです。しかも一度大きくしたバストをまたぺちゃんこにするのは、精神的にもかなりな苦痛ではないでしょうか。もちろんそこまでひどい拘縮は稀ですし、バッグやアフターケアの最新技術によって拘縮自体も軽減されています。しかし、自分がどちらになるかはやってみなければわからないのです。
(⇒バッグ除去の難しさについて

大切な自分の身体を、そんな賭けに委ねる覚悟と勇気はあるでしょうか。私なら絶対にそうしたリスクを背負いたくはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加