脂肪注入法の効果について

結局バッグ挿入法よりも本当に良い?脂肪注入法の効果の実態は?

さて、人口バッグ挿入法よりは、リスクも少なそうな脂肪注入法ですが、実際の所、その効果はいかなるものなのでしょうか。人口バッグはわかりやすいですよね。バッグを入れた分、バストがそのまま大きくなるわけですから。しかも形も挿入場所も希望通りに行われますから、自分の望んだ大きさ・形が手に入るわけです。しかし、残念ながら、脂肪注入法は、そうそう希望通りのバストに仕上がるとは限らないのです。

興味を持ってこれを読んでくださっている方でしたら、すでによくご存知でしょうが、脂肪注入法というのは、自分のお腹や脚から脂肪を吸引し、それをバストに注入する手術です。バッグを入れる時のような切開は不要ですし、何より人工物を身体に入れるという大きな不安がありません。しかし、注入する脂肪というのは、もともと体内にあったものであり、バストに生着してくれなかった脂肪は身体に吸収されてしまいます。

いくら最新技術によって、生着率の高い注入法で行ったとしても、100%生着することは不可能でしょう。つまり、その吸収されてしまった分だけ小さくなってしまうということです。幸い石灰化などが起こらなかった場合でも、小さくなってしまっては、本来の豊胸という目的が果たせませんね。勿論、それは極端な話で、小さくなるといってもわずかなサイズダウンがほとんどです。しかし、バッグと違って、好きなだけ大きく出来る訳でなく、自分の吸引する脂肪の量にもよりますし、注入し過ぎれば、それこそ石灰化の原因になってしまいます

さらに、その時は、ある程度希望通りの大きさに仕上がったとしても、時が経つにつれて段々小さくなってしまう場合が少なくありません。バッグの寿命は平均10.年といわれていますが、実は脂肪注入法の効果はもっと短いかと思われます。もともとバッグ程のサイズアップは難しいうえに、バッグより早く効果が無くなってしまうのであれば、いっそ人工物のバッグを入れた方が良いのでは・・と、思ってしまうのも無理はないでしょう。要するにどっちもどっちのリスクを負うということです。

まして、脂肪注入の場合、医師が大きさや形を整えながら注入していきます。カウンセリングでいくらよく話し合っていても、全く希望通りにいくとは限りません。その効果は医師の技術だけでなく、バストをデザインするセンスと経験が要求されるのです。つまり、脂肪注入法で望みどおりの効果を期待するのは、かなり難しいといっても過言ではありません。理想のバストが欲しいがために、意を決して豊胸手術に挑んでも、その決心の固さだけの効果が出るとは限らないのです。それでもやはりバストを大きくするために、豊胸手術を受けるのは得策とは思えないのですが・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加