脂肪注入法による傷について

バッグ挿入法だけじゃない?意外に知られていない脂肪注入法での傷跡

豊胸手術の傷というと、まず思い浮かべるのがバッグを挿入する際の切開の傷ですね。これはメスで3~5センチほど傷を付けるため、痛みもかなりひどいうえに、傷跡もかなり長期間残ってしまいます。これが大きなマイナスとなって、バッグ挿入法に二の足を踏む方も多いことでしょう。

そのため、身体にメスを入れない豊胸法として、脂肪注入法を勧めている説明をよく目にします。確かに人口バッグを体内に入れないという点では大賛成ですが、傷跡という面から言うと、私は脂肪注入法もそんなに大差はないのではないかと思います。

確かにバッグ挿入のような切開はしませんが、脂肪を吸引する場合も注入する場合は、カニューレという管を差し込んで行います。このカニューレは2~4ミリの管であり、それを挿入する際には、やはりその管の太さ分の切開が必要なのです。もちろん吸引・注入後は1~2針の縫合が必要になります。

お腹からの吸引であれば、おへその中2ミリほど、太ももやふくらはぎからの吸引であれば、膝の後ろ側の皺に沿って2ミリ程の穴を開けることになるのです。さらに、脂肪吸引は技術不足によって均一に吸引出来ない場合も多く、吸引部分が凸凹になってしまったという例も少なくありません。また、吸引する皮下組織には血管や神経がたくさんありますから、同様に技術不足によって傷付けてしまうこともあります。ひどいと多量出血や感覚麻痺にまで至ってしまうので、かなり重大な問題です。
(⇒脂肪吸引時のトラブル

脂肪注入法の豊胸手術では、注入法ばかりが取りあげられますが、その前の行程である脂肪吸引においても、リスクはかなりありますし、もちろん吸引部・注入部、共に無傷なわけではないのです。また、吸引部が凸凹になるのと同様、注入部においてもバストが凸凹になったり、いびつになったりといった問題もあります。豊胸といっても、大きさだけでなく形も大切です。左右アンバランスになったり、形がいびつでは明らかに失敗ですね。

このように、傷が残らない豊胸と謳われているとはいえ、実際は、表面はもちろん、内部にも傷は付くこと、凸凹・いびつといったある意味傷と呼べる状態を引き起こすことをよく知っておいてください。身体が負担するダメージの大きさは、バッグ挿入法と変わり映えしないでしょう。

そうすると、人工物を入れる不安感を選ぶのか、多少のいびつさを承知で脂肪注入を選ぶのか、まずはそこまでしてバストを大きくするメリットを選ぶのか・・。よく考えていただきたいところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加