プチ豊胸の効果・持続について

それでもやってみる?プチ豊胸のわずかな効果と持続力

豊胸手術に比べれば、リスクが格段に少ないプチ豊胸ですが、リスクが少ない分、効果も少ないというのが最大の欠点です。残念ながら、安全性とバストアップ効果は反比例するといって良いのです。安全性の高さを重視すれば、希望通りのサイズアップは望めないかもしれませんし、サイズアップを重視すれば、大きなリスクを覚悟しなければいけないということです。

プチ豊胸はというと、身体に操作するといっても、体内にまで施すのはヒアルロン酸注入法PPP+PRP豊胸位でしょう。それも本来体内にある成分ですから、安全性はかなり高く、リスクといえば注入の失敗による固さや形の不自然さであって、身体への影響はほとんどないといえます。この安全性の高さ故、効果も豊胸手術ほど望めません。1度の施術で1~2カップのサイズアップが限界なのです。

さらに光豊胸やエステによるマッサージやEMSに至っては、何度も通って効果が出るか出ないかといったところでしょうか。バストアップというよりは、バストケアといった方が良いのではないかと思います。豊胸メニューとはいえ、ハリやつやを与えるには効果的ですが、実際のサイズアップは期待しない方が良いでしょう。
(⇒エステによる豊胸法について

そして、こういったプチ豊胸は、たとえサイズアップが成功しても、その効果が持続しないという、これまた残念な欠点があります。ヒアルロン酸もPPP+PRPも体内に吸収されてしまいますから、効果の持続はもって1~2年です。現実には徐々に小さくなっていくわけですから、効果はもっと短いといえます。

まして、他のプチ豊胸に至っては、長期間通ってわずかなバストアップをしては、その間にサイズダウンもしていくという、不毛な結果になりかねません。これがプチと呼ばれる所以でしょう。「一時的に少しだけ」の豊胸と割り切って、夏の水着になる前に受けるなどの利用法をするのが良いかもしれませんね。それでも危険な豊胸手術を受けるよりは、ずっと賢い選択だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加