人口バッグの最新技術の現実

人口バッグは種類も豊富!よく選べば安全で理想のバストが?

憧れの大きなバストのもとになる人口バッグにも、今は様々な種類があります。バッグが破損しても、中身が吸収される生理食塩水のバッグも根強い人気ですが、一番主流なのがシリコンバッグでしょう。生理食塩水と違って、破損すればもちろん身体には害がありますが、最新技術によって、そのリスクが格段に軽減されているからです。

そのシリコンにも種類が色々有りますが、中身が流出しないという点で優れているのがコヒーシブシリコンです。バッグが破れても外部に漏れないこのシリコンバッグは、固くてバレやすいという点が解消され、ソフトコヒーシブシリコンが出来ました。また、3層構造で耐久性がバッチリなバイオセル、4層構造のメモリージェルなど、シリコンの欠点である破損のリスクをかなり払拭しています。そして、こうしたシリコンバッグは、その丈夫な安全性に加え、感触の自然さも追求し、かなり柔らかくなっています。

また、バッグには形も大きく分けると2種類あります。お椀型のラウンド型と、釣鐘型のアナトミカル型で、ハリがなく垂れ気味な日本人のバストには、ラウンド型が適しています。他にも、左右非対称のアシンメトリー型などがあり、自分のバストの形に合わせて選ぶことが出来ます。

そして表面素材にも2通りあります。ツルツルのスムースタイプとザラザラのテクスチャードタイプです。スムースタイプは挿入しやすいのですが、拘縮が起こりやすいので、十分なマッサージが必要になります。それに比べてテクスチャードタイプは、挿入はしにくいものの、周りの組織との適合性が良く、拘縮が起きにくいためマッサージが不要です。拘縮はバッグ挿入法の大きなリスクですから、今はテクスチャードタイプが人気です。

このように、最新の技術によって、シリコンバッグもかなりな進歩を遂げています。女性の願いを叶えるべく、どんどん改良されているというわけです。しかし、どんなに改良されようと、人工物を身体に入れるということを忘れてはなりません。理想のバストを手に入れた喜びで、術後の痛みも乗り切れるでしょうか。また、様々なリスクや後遺症も乗り切れる覚悟があるでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加