プチ豊胸の代表であるヒアルロン酸注入法

どうしてもというならプチ豊胸!?ヒアルロン酸なら安全性は許容範囲

バッグ挿入法と脂肪注入法という2大豊胸手術の他にもう一つ、プチ豊胸と呼ばれる豊胸法があります。プチ整形というのは、近年かなりな人気を誇っていますが、このプチ豊胸というのも負けてはいません。プチ豊胸にも色々ありますが、代表的なのは何といってもヒアルロン酸注入でしょう。整形にも引っ張りだこのヒアルロン酸は、もともと身体に存在する成分なので、アレルギーも無く、安全性が高いのが売りなのです。

しかも、注射器で注入するだけですから、もちろん傷も付きません。施術時間も20~30分と短く、当日から普段通りの生活が出来るという手軽さが人気に拍車をかけています。豊胸はしたくても、手術には時間もお金も勇気も要ります。そんなデメリットを必要としない楽な豊胸が、まさにプチ豊胸といわれる所以ですね。

しかし、その言葉通り、効果もプチなのが気になるところです。本来体内にある成分なだけに、注入したヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうのです。豊胸に使われるヒアルロン酸は、顔などの整形用よりも粒子の粗いSUB-Qというヒアルロン酸です。約10倍の粒子であるため、身体への吸収も遅く、効果が長持ちするというのです。しかし、いくら長持ちするとはいえ、せいぜいもって2年ほどでしょうか。

そして肝心のバストアップはどうかというと、だいたい一回で1~2cupアップが限界です。そしてこの注入も、入れ過ぎたり入れ方が悪いと、固くなったり凸凹になったりといった失敗を生みます。医師の技術によるところが大きいのです。好きな形にバストアップ出来ると言われてはいるものの、そんなに思い通りにはいかないのが実情でしょう。部分修正が可能なのも魅力ですが、それももちろん正確な形に出来るとは限りません。

とはいえ、見た目も感触も自然ですし、吸収されても分解・排出されてしまうヒアルロン酸はやはり安全です。豊胸手術に比べたら、たとえ効き目が少なくとも短くとも、格段に良いのではないでしょうか。もしどうしてもバストアップを諦めきれないのであれば、唯一許せるものが、このヒアルロン酸注入でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加