姿勢と大胸筋とバストアップの関係

姿勢を正してバストアップを実現!大胸筋強化でバストにハリを!

バストアップには、食事や運動などの生活習慣が大きく影響しますが、その生活習慣のうちでも、姿勢というのは大変重要になります。姿勢が悪く猫背になると、大胸筋が縮み、バストが垂れてしまいます。血流も悪くなるため、栄養も行き届かず、乳腺の発達に悪影響を及ぼすのです。また、姿勢の悪さによって、胸郭が歪んでしまうと、左右のバストのバランスも悪くなってしまいます。
(⇒バストアップに効果的な食生活
(⇒バストアップに効果的な大胸筋鍛錬

さらに、姿勢の悪さによる骨の歪みが生じると、血行が悪くなり、女性ホルモンの分泌も衰えてしまいます。女性ホルモンの分泌が悪くなれば、もちろんバストも小さくなりがちです。姿勢がバストアップにかなり影響があるのがおわかりいただけたでしょうか。

ですから、バストアップのためには、背筋を伸ばし、胸を張った、正しい姿勢を心掛けることがとても大切なのです。大げさではなく、姿勢を良くするだけで、バストアップが可能なのです。姿勢が良くなれば、大胸筋やバスト周りの筋肉が鍛えられますし、また、腹筋が強化されることによって、内臓の働きが活発になり、基礎代謝も良くなります。バストアップに効果的な要素がたくさん期待出来るというわけです。しかし、残念なことに、バストの小さい人に限って、バストを隠そうと猫背になりがちですね。でもそれでは明らかに逆効果となってしまうので、気を付けましょう。

理想的な姿勢というのは、背中・お尻・かかとが一直線上になった状態で、胸を張ります。これが正しい姿勢となるので、身体で憶えて、常にキープを心掛けましょう。そして、バストに自然なハリを与えてバストアップを図ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加