バッグ挿入法とその魅力について

やっぱり大きなバストにしたい!?だったら手っ取り早いバッグ挿入を

大きくて美しいバストは、女性なら誰しも憧れるものです。バストが小さいがために、胸の開いた服を着れなかったり、恋愛に積極的になれなかったりと、コンプレックスを感じている人は大変多いと思います。そんな、バストを大きくしたいと切実に願う女性にとって、一番確実な方法は豊胸手術でしょう。一瞬にして理想の大きなバストが手に入るのですから、夢のようなことですね。そして、その豊胸手術の中でも最も多いのが、人口バッグを挿入する方法です

シリコンのバッグを脇下からバストに挿入するこの手術は、バッグの種類も豊富で、大きさや形が選べます。最新技術によって、素材もどんどん改良されており、安全性と感触も向上しています。また、挿入部分も体型や好みによって3種類選べるので、理想のバストを作るには、一番適した方法ともいえるでしょう。

バッグを挿入する際には、身体にメスを入れ切開することになります。切開部分はほとんどが脇の下ですが、他にもバストの下や、乳輪の下から入れる場合もあります。脇はしわに紛れて見にくくなりますし、腕を上げなければかくれるので一番人気があります。バストの下は立っている時はバストに隠れるので一番見えにくいですが、下からみれば少し目立つでしょうか。乳輪下は最も傷が目立たないとされていますが、乳腺に傷が付かないかが心配です。

また、挿入部分も、乳腺下・筋膜下・大胸筋下と3種類あります。乳腺下は挿入が一番楽で負担がありませんが、授乳などの心配と、痩せ型の人にとってはバッグの形がくっきり出てしまうのが欠点です。もちろんバッグの感触もリアルにわかってしまいます。その点大胸筋下なら、バストの内側に入れるので、バッグの形も出ませんし、感触も本物のバストに隠れて自然でしょう。しかし、大胸筋をはがすために、組織に傷が付いたり、術後の痛みもひどく、回復も遅いでしょう。その中間に位置する筋膜下は、利点も欠点も中間だと思ってください。

とにかく理想のバストを挿入するのですから、ダウンタイムはあるものの、まさしく一日にして夢が叶うわけです。この魅力に惹かれて、豊胸手術を受けようと思うのも納得出来ますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加