豊胸手術ブログ

記事一覧

生活習慣の改善でストレスをやっつけてバストアップ効果を!

「食事」、「睡眠」、「運動」は、健康だけでなく、バストアップにも大切な要素です。そして、そういった生活習慣の中でもうひとつ、影響の大きなものに「ストレス」があります。現代では多かれ少なかれ、誰もがストレスを抱えていますが、この精神的な問題が、身体にも多大な悪影響を及ぼすことはよく知られていますね。自律神経の乱れはもちろん、身体の様々な部分で病気を引き起こす要因となるのです。
(⇒ストレスとバストアップの関係

特に、ストレスによって自律神経が乱れると、脳下垂体の視床下部で調整されている女性ホルモンにも影響が出ます。ホルモンバランスが乱れ、生理不順や肌荒れを引き起こすばかりか、ひどいと「うつ」や「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」にまで発展しかねないのです。しかし、逆に言えば、このストレスを軽減することによって、女性ホルモンの分泌を活発化し、バストアップを促すことが出来るというわけです。
(⇒女性ホルモンとバストアップの関係

ストレスを失くすには、ストレスの元を取り除くことが一番ですが、それが出来ればストレスにはなっていないですよね。ですから、せめて出来るだけ軽減することが大切です。それには、精神的にポジティブを心掛ける他、まずは食事・睡眠・運動といった生活習慣を改善し、心身ともに健康を保つ事が第一です。これに勝る解消法は無いといっても良いでしょう。

さらに、自分の趣味などで気分転換したり、なるべくリラックス出来る時間を多く持つようにするなど、生活習慣の改善に、こうした工夫もプラスして、ストレスをやっつけましょう。女性ホルモンのバランスを整え、分泌を促すことによって、バストにハリやボリュームが出ます。垂れを防止し、バストアップが出来るのです。つまり、健康的な生活習慣を心掛けることによって、健康なバストを維持し、自然なバストアップが望めるというわけですね。

身体の傷は心の傷にもなる・・バッグ挿入の傷の意外な深さ

バッグ挿入法の豊胸手術では、文字通りバストにシリコンバッグを挿入します。もちろん挿入するには、身体にメスを入れ、切開しなくてはならないわけです。切開する部分は、脇の下が最も多くて、皺に沿って切開します。また、バストの下をアンダーバストに沿って切開する場合もあります。そして、あまり日本ではみられませんが、乳輪下を乳輪の下線に沿って切開する方法もあります。

脇の下は腕を上げなければ見えませんし、皺に紛れて目立たない利点があります。バストの下は、バストで隠れるため、立っている時は一番目立たないでしょう。しかし仰向けになれば見えてしまいますね。実は乳輪下が色のちがいや皺によって一番目立たないと言われていますが、授乳の問題などが心配です。

こうした切開部分は、3~5センチで、ほぼ半年から数年かけて消えていきます。つまり、それまではしっかり消えずに傷が残った状態なのです。しかも一カ月ほどは赤みも残って痛々しい感じがあります。数日間に至っては、かなり激しい痛みも覚悟してください。挿入部分の痛みに加えて、傷の痛みも忘れてはならないのです。
(⇒豊胸手術においての痛み

バストは数週間で落ち着いても、傷が目立っていては、なかなか肌を出せません。せっかく人に見せるために大きくしたバストも、見せられないのでは意味がありませんね。それでなくても、人口バッグの見た目や感触の不自然さでバレるのではないかと心配は付き物です。そのうえ傷が残ってしまっていたら、かなりな精神的ダメージがあるのではないでしょうか。

バッグのトラブルや後遺症も怖いですが、100%起こるとは限りません。しかし、傷は挿入する際に確実に付くものです。人によっては全く目立たなくなりますが、中には消えずに残ってしまう場合もあるのです。それは体質にもよりますし、手術をした医師の技術にもよります。いずれにしろ、たとえ医師の責任だと訴えたところで、傷が無くなるわけではないことをよく考えてみましょう。
(⇒豊胸手術においての傷跡

しかも、忘れてはならないのが、バッグは入れ替えをしなければならないということです。もちろんまた切開して取り出し、挿入するわけですから、傷はさらに増えます。バッグを挿入した時から、最低2回は傷を付けなくてはならないことを頭に入れておかねばならないのです。普通に怪我をして出来る傷でも、少しでも跡が残っていると、とても気になりませんか。それともバストを大きくするためなら、2回も傷跡を付けても平気なのでしょうか。

バッグ挿入による拘縮・・リスクの大きさは理想のバストより大きい?

バッグ挿入法によるリスクの中でも、一番大きな、そして一番頻繁に起こる問題がカプセル拘縮です。豊胸手術に興味のある方でしたら、必ず目にする言葉ですね。まずこのカプセル拘縮がどんなものかというと、身体にシリコンバックという異物を入れたことへの拒絶反応です。

身体に異物が入ると、免疫反応によって、異物を排除させようとします。しかし排除出来ないため、他の器官に影響しないよう、周囲に繊維の膜を作って小さくしようと圧迫するのです。このバッグの周りに出来た膜が厚く固くなることを被膜拘縮といい、カプセル状に閉じ込める様子から、カプセル拘縮と呼ばれています。

本来バッグの周りには空間を持って、バッグが自然な動きを出来るように挿入します。しかし、この拘縮が起きるとバッグが動けなくなり、しかも固く張った状態で、見た目にもボールが入っているような不自然さになってしまいます。この不自然なバストによって、豊胸手術をしたとバレる人もかなりいます。もちろん見た目だけでなく、ハレや痛みも伴う場合もあり、身体にもダメージを与えます。

この拘縮を防ぐには術後のマッサージしかありません。もしくは、表面がザラザラのテクスチャードタイプのバッグなら、拘縮が起こらないため、マッサージ不要とされています。しかし、どちらの場合にしろ、拘縮の可能性はゼロにはならないでしょう。異物を入れる限り、多かれ少なかれ、健康な身体なら当然に起こる反応なのです。ひどくなければ幸いだったと思うしかありません。
(⇒術後のアフターケアについて

ではもしひどかったら・・・残念ながらバッグの取り出ししかないでしょう。つまり再手術です。再び身体にメスを入れ、身体に大きな負担を掛けることになるのです。しかも一度大きくしたバストをまたぺちゃんこにするのは、精神的にもかなりな苦痛ではないでしょうか。もちろんそこまでひどい拘縮は稀ですし、バッグやアフターケアの最新技術によって拘縮自体も軽減されています。しかし、自分がどちらになるかはやってみなければわからないのです。
(⇒バッグ除去の難しさについて

大切な自分の身体を、そんな賭けに委ねる覚悟と勇気はあるでしょうか。私なら絶対にそうしたリスクを背負いたくはありません。

規則正しい生活は健康だけでなく実はバストアップの基本でもあった!

「バランスの取れた食事」、「十分な睡眠」、「適度な運動」は健康のための3大要素ですが、実はこれはそのままバストアップのための条件に当てはまるのです。この3つを整えて、規則正しい生活をすることこそ、最大の豊胸法といっても過言ではないでしょう。バストアップに効く栄養素や運動はもちろん、早寝早起きで十分に睡眠を取ることも、バストアップには大きな影響があるのです。
(⇒バストアップのための食事療法
(⇒バストアップに効く筋トレ・ストレッチ

それは、女性ホルモンの分泌に、睡眠が深く関係しているためです。女性ホルモンは、夜寝ている間に分泌が活発になりますから、寝不足だったり夜更かしだったりすると、てきめんに乱れてしまうのです。もちろん、食生活の乱れやストレスなどでも多大な影響がありますから、この健康のための3大要素がとても重要になってくるのです。

女性ホルモンの分泌が活発になると、乳腺が発達し、それを保護しているバストの脂肪も増えます。つまりバストにボリュームが出るというわけです。単純に女性らしい体つきを促すという点でも、バストアップに効果がありますが、それだけではないのですね。
(⇒女性ホルモンとバストアップの関係

また、規則正しい生活によって、血液やリンパの流れが良くなり、新陳代謝が活発になれば、さらなるバストアップ効果が望めるといって良いでしょう。考えてみてください。バストだって身体の一部なのですから、身体が健康になれば、同時にハリもボリュームも出てきます。バストだけを手術などで不自然に大きくするよりも、はるかに魅力的な身体になると思いませんか。人工的なバストが、健康でハリのある自然なバストに勝るとは到底思えません。

もしも自分を魅力的に見せるためにバストアップを望んでいるのであれば、ただ単に胸を大きくすることが本当に魅力アップに繋がるのかを、もう一度考えてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、逆に魅力が半減したり、見た目だけでなく精神的にもマイナスを抱える結果になるかもしれません。それよりも、規則正しい生活によって、健康的な身体とバストを手に入れるというのはどうでしょう。

あなたは異物感に耐えられる!?想像を超えるバッグ挿入の不安感

バッグを入れれば理想の形・大きさの胸が出来上がります。しかし、まず一番に考えていただきたいのが、異物を身体の中に埋め込むという行為です。自分の身体の中に人工物が入っているのをご想像下さい。私自身、棘や骨が刺さっているというだけでダメな人間です。とても耐えられるものではありません。たとえ痛みは無くとも、身体の中に人工物が入っているという異物感はかなりな心理的圧迫になるのではないではないでしょうか。
(⇒バッグ挿入による異物感

実際、この異物感に耐えられない人はかなりいらっしゃるようです。覚悟はしていても、息苦しさを感じたり、不安感を感じたりと、負担の大きさを訴える場合も多く、中にはそのためにバッグの取り出しを考える人もいるほどです。さらに、周囲の組織に負担が掛かったり、拘縮を起こしたり、バッグが変形や劣化した場合など、トラブルが起これば異物感はもっとアップするでしょう。
(⇒バッグ拘縮によるリスクについて

そして忘れてはならないのが、バッグには寿命があるということです。異物感の不安に再手術への不安がプラスされます。もともとバストに対する相当な精神のマイナスがあり、幸せを願って手術を受ける人がほとんどです。それなのに、実際に受けてみると、バッグの存在がどうしても気になる、後遺症などのトラブルもある、また痛みと傷を増やして取り出しや取り換えをしなければいけない・・・と、幸せに浸るどころかマイナスの気持ちが募る場合も少なくないのです。

豊胸手術を受けた人に自殺率が高いというデータがありますが、こうした異物感に伴う不安感も、その原因の一部になっているのではと考えられます。性格上、自分はダメかもしれないと少しでも思ったら、絶対に止めた方が良いでしょう。だからといって、他の豊胸手術法でもある程度の違和感や不安感は拭えません。異物を入れなきゃ大丈夫だと安易に考えないようにしてください。

もちろんバッグを入れても全く平気な人もいらっしゃいます。思い通りのバストになって、前向きに幸せに過ごしている人もたくさんいるのです。つまり、全ては自分の性格と覚悟、気持ちの切り替えが必要だということですね。

ダンベル体操による運動でさらなるバストアップ効果を!

大胸筋を鍛える筋トレやストレッチによって、運動によるバストアップをすることは効果的です。そして、そのどっちの運動効果も期待出来るものとして、ダンベル体操があります。大胸筋を鍛え、さらにバスト周りの血行やリンパの流れを良くしてくれますし、その結果、バストの脂肪も活発化され、ハリが出るだけでなく、ボリュームアップも期待出来るのです。
(⇒バストアップに効果的なダンベル体操

ダンベル体操と言っても、極めてシンプルで、しかも無理なく出来るものです。足を肩幅位に広げて立ち、両手にダンベルを持って少し前かがみになります。腕をまっすぐにして、両腕が水平になるまで持ち上げましょう。ただこれだけの動作です。簡単ですね。ゆっくりと持ち上げて、持ち上げた状態で5秒程キープするようにすればさらに効果的です。これを10回ほど繰り返して行うだけで十分です。

また、同様に両手にダンベルを持ち、腕を伸ばして今度は前に持ち上げます。胸の高さまで持ち上げたら、そのまま左右に腕を広げましょう。バストに力が入るよう意識して、広げた状態で5秒程キープすればさらに効果的です。これも10回ほど行えば十分です。どちらの体操も、息を吐きながらダンベルを持ち上げて、吸いながら元にもどすと、より効果的です。

ダンベル自体も、今は100円均一のお店でも買えますし、無ければ中身の入った350mlのペットボトルなどでも代用出来ます。自宅でテレビを観ながらでも出来る体操ですから、毎日無理せず続けてみてください。通常の筋トレやストレッチだけでなく、このように重荷を加えての運動も、大胸筋を鍛えるのに効率が良く、バストアップ効果もより期待が出来るのです。

こうした運動によるバストアップは、長期間続けることによって効果が表れます。諦めずに続けることが大切なのです。さらに食事療法と併せることで、その効果も早く、大きくなるでしょう。手術などでバストに細工を施すのではなく、自分のバストを大きくするという発想を、まず持ってください。どちらの胸が魅力的かは一目瞭然です。

筋トレ+ストレッチの運動で魅力的なバストを手に入れよう!

運動によってバストアップを図るには、大胸筋を鍛えることが第一の目的ですが、それには筋トレとストレッチがおすすめです。大胸筋を鍛える運動で一番有名なのは、バストの前で両手を合わせ肘を張り、両手のひらを押し合うものですね。簡単ですし、いつでもどこでも思い立った時にすぐ出来ます。出来れば肩幅位に足を広げて立って、押し合った状態で5秒程キープすると、より効果的です。少なくとも5回は繰り返しましょう。
(⇒バストアップに効果的な筋トレ法
(⇒バストアップに効果的なストレッチ法

そして、やはり腕立て伏せも良いですね。ただ腕立て伏せは女性にとってキツイものですから、無理な場合は、机の上に手を付いて行ったり、または膝をついた状態で行ってはいかがでしょう。楽に出来ると思います。これも少なくとも5回ほどしてください。また、このように大胸筋を鍛えるだけでなく、縮んだ大胸筋を伸ばすことでも、バストの脂肪を活発化してくれます。さらに、バスト周りのリンパや血液の流れも良くなり、バストアップに繋がります。ですから、筋トレと併せてストレッチも加ればさらに効果的でしょう。

効果的なストレッチとしては、両腕を頭の後ろで組み、右肘を左手で引っ張って右脇を伸ばします。そして次は逆に左肘を右手で引っ張って左脇を伸ばします。これを交互に5回ずつ行ってください。また、肩甲骨を後ろに寄せるストレッチや、仰向けに寝て腕を軽く広げ、バストを広げるように上に突き上げて深呼吸するといったストレッチもあります。どれも簡単に自宅で出来るものばかりなので、お風呂上りなど、血行の良いリラックスタイムに習慣付けてみてください。

こうした筋トレとストレッチによる運動を毎日続けることで、バストにハリを与え、脂肪を活発化することでバストアップが出来ます。目に見えて表れる効果ではないので、諦めて3日坊主にならないことが大切です。人工的なバストを作るのではなく、自分のバストをアップさせることをしてみませんか。不自然に大きなバストを作るより、見た目にもずっと魅力的だと思いますよ。

人口バッグは種類も豊富!よく選べば安全で理想のバストが?

憧れの大きなバストのもとになる人口バッグにも、今は様々な種類があります。バッグが破損しても、中身が吸収される生理食塩水のバッグも根強い人気ですが、一番主流なのがシリコンバッグでしょう。生理食塩水と違って、破損すればもちろん身体には害がありますが、最新技術によって、そのリスクが格段に軽減されているからです。

そのシリコンにも種類が色々有りますが、中身が流出しないという点で優れているのがコヒーシブシリコンです。バッグが破れても外部に漏れないこのシリコンバッグは、固くてバレやすいという点が解消され、ソフトコヒーシブシリコンが出来ました。また、3層構造で耐久性がバッチリなバイオセル、4層構造のメモリージェルなど、シリコンの欠点である破損のリスクをかなり払拭しています。そして、こうしたシリコンバッグは、その丈夫な安全性に加え、感触の自然さも追求し、かなり柔らかくなっています。

また、バッグには形も大きく分けると2種類あります。お椀型のラウンド型と、釣鐘型のアナトミカル型で、ハリがなく垂れ気味な日本人のバストには、ラウンド型が適しています。他にも、左右非対称のアシンメトリー型などがあり、自分のバストの形に合わせて選ぶことが出来ます。

そして表面素材にも2通りあります。ツルツルのスムースタイプとザラザラのテクスチャードタイプです。スムースタイプは挿入しやすいのですが、拘縮が起こりやすいので、十分なマッサージが必要になります。それに比べてテクスチャードタイプは、挿入はしにくいものの、周りの組織との適合性が良く、拘縮が起きにくいためマッサージが不要です。拘縮はバッグ挿入法の大きなリスクですから、今はテクスチャードタイプが人気です。

このように、最新の技術によって、シリコンバッグもかなりな進歩を遂げています。女性の願いを叶えるべく、どんどん改良されているというわけです。しかし、どんなに改良されようと、人工物を身体に入れるということを忘れてはなりません。理想のバストを手に入れた喜びで、術後の痛みも乗り切れるでしょうか。また、様々なリスクや後遺症も乗り切れる覚悟があるでしょうか。

運動療法で自然なバストアップ!食事療法と併せて最強の効果を!

手術に頼らず、健康的にバストアップをするには、食事療法に合わせて運動療法を行うことで、より効果が増します。そして、運動療法の一番の目的は大胸筋を鍛えることです。バスト自体は脂肪で出来ているので鍛えようがありませんが、バストを支える大胸筋を鍛えることで、バストアップが出来るのです
(⇒バストアップに効果的な食事療法

大胸筋が緩んでいると、バストにハリが無くなって、垂れてしまいますし、バストの脂肪も衰えてしまいます。運動によって大胸筋を鍛えることで、バストにハリを与え、脂肪を活性化してくれるのです。さらに、バスト周りのリンパや血液の流れも良くなるので、かなりのバストアップ効果が期待出来るでしょう。

大胸筋を鍛えるには、筋トレやストレッチ、ダンベル体操などがありますが、どれも自分で簡単に出来るものです。毎日の習慣にして、続けてみてください。長期間続けなければ効果は表れませんし、効果が出ても止めてしまえばまた戻ってしまいます。3日坊主でなく、努力し続けることで、美しいバストが手に入るのです。
(⇒バストアップに効果的な筋トレ
(⇒バストアップに効果的なストレッチ
(⇒バストアップに効果的なダンベル体操

もちろん豊胸手術のように大幅なサイズアップは望めませんが、バストアップの効果は必ず現れます。しかも自分の本物のバストが大きくなるのであれば、それは最高なことだと思いませんか。リスクどころか、より健康になれることも最大の魅力です。食事と運動によるバストアップは、何よりおすすめの豊胸法なのです。

ただ、筋肉というのは、鍛え過ぎると脂肪を燃焼させてしまいます。バストの脂肪まで燃焼させてしまったら、逆効果になりますね。小さくなってしまいます。ですから鍛えようと躍起になって度が過ぎないようにしてください。食事療法と同じように、何事も大切なのはバランス良くほどほどに・・なのです。毎日の少しの努力で、バストの垂れを防ぎ、ハリのあるバストを手に入れてみませんか。

やっぱり大きなバストにしたい!?だったら手っ取り早いバッグ挿入を

大きくて美しいバストは、女性なら誰しも憧れるものです。バストが小さいがために、胸の開いた服を着れなかったり、恋愛に積極的になれなかったりと、コンプレックスを感じている人は大変多いと思います。そんな、バストを大きくしたいと切実に願う女性にとって、一番確実な方法は豊胸手術でしょう。一瞬にして理想の大きなバストが手に入るのですから、夢のようなことですね。そして、その豊胸手術の中でも最も多いのが、人口バッグを挿入する方法です

シリコンのバッグを脇下からバストに挿入するこの手術は、バッグの種類も豊富で、大きさや形が選べます。最新技術によって、素材もどんどん改良されており、安全性と感触も向上しています。また、挿入部分も体型や好みによって3種類選べるので、理想のバストを作るには、一番適した方法ともいえるでしょう。

バッグを挿入する際には、身体にメスを入れ切開することになります。切開部分はほとんどが脇の下ですが、他にもバストの下や、乳輪の下から入れる場合もあります。脇はしわに紛れて見にくくなりますし、腕を上げなければかくれるので一番人気があります。バストの下は立っている時はバストに隠れるので一番見えにくいですが、下からみれば少し目立つでしょうか。乳輪下は最も傷が目立たないとされていますが、乳腺に傷が付かないかが心配です。

また、挿入部分も、乳腺下・筋膜下・大胸筋下と3種類あります。乳腺下は挿入が一番楽で負担がありませんが、授乳などの心配と、痩せ型の人にとってはバッグの形がくっきり出てしまうのが欠点です。もちろんバッグの感触もリアルにわかってしまいます。その点大胸筋下なら、バストの内側に入れるので、バッグの形も出ませんし、感触も本物のバストに隠れて自然でしょう。しかし、大胸筋をはがすために、組織に傷が付いたり、術後の痛みもひどく、回復も遅いでしょう。その中間に位置する筋膜下は、利点も欠点も中間だと思ってください。

とにかく理想のバストを挿入するのですから、ダウンタイムはあるものの、まさしく一日にして夢が叶うわけです。この魅力に惹かれて、豊胸手術を受けようと思うのも納得出来ますね。

1 / 3123