豊胸手術とレントゲンの関係

人口バッグはレントゲンにバッチリ写る!でも心配は無用です

現在では、豊胸手術を受ける女性はとても多くなっています、美しくて豊かなバストは、女性の誰もが憧れるものすね。しかし、技術の発達によって気軽に豊胸手術を受ける女性が増えると同時に、様々な不安や疑問も増えてきました。そのひとつに、豊胸手術後に健康診断でレントゲンを撮ったらどうなるのかというものがあります。

結論から言うと、人口バッグはレントゲンに写ります。人口バッグの素材によって鮮明さは違ってきますが、ほとんどのバッグが白い影となってレントゲンに写るのです。また、実際にレントゲンの画像を見なくても、撮影時にレントゲンの板に胸を押し付けた時にわかる場合もあります。自然の乳房と違って、板にピッタリとはくっつかないことで、技師にはわかる場合があります。

とはいえ、医療関係者には守秘義務がありますし、バッグの陰によって異常があると診断されることはないので安心してください。出来れば撮影前に、キチンと申告するのが良いでしょう。しかし、会社での健康診断などで、レントゲン車で行う場合など、周りにバレるのではと心配な場合は、他の理由を挙げ、違う病院でレントゲンを撮ることをおすすめします。

このようにレントゲンに写るのは、人口バッグだけであり、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法などによる豊胸手術を受けた場合は、レントゲンには写りません。レントゲンに写るからと言って、それだけのためにむやみに心配する必要はありませんが、もしどうしても気になるようでしたら、バッグ挿入法ではなく、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法などの豊胸手術を選んだ方が良いでしょう。

どちらにしろ、豊胸手術をしたという事実は、今後何かしらの心配や不安が付いてくるものです。そうしたことも理解したうえで受けなければなりません。美しいバストを手に入れるためには、それなりの覚悟が必要だというわけですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加