バストアップ・豊胸の基礎知識・マメ知識

記事一覧

基本はオッケーでも稀に起こるトラブルも考えたい豊胸手術後の授乳

女性には、一生のうちに出産という一大イベントがありますね。しかし、その前に豊胸手術を受けた方にとっては、通常よりも何かと不安に思うことは多いのではないでしょうか。その中でも最も心配されるのが授乳に関してです。豊胸手術をしたバストから母乳をあげるのですから、安全面でも非常に心配なことだと思います。では、豊胸手術によって、授乳にどんな影響があるのでしょうか。

基本的には、よほどのことが無い限り、影響はありません。母乳は乳腺が傷付いていなければ、正常に母乳が作られ、授乳することが出来るのです。特に、脂肪注入法ヒアルロン酸注入法では、体内にある物を入れるだけですから、トラブルはほとんどありません。問題はバッグ挿入法となりますが、これも大胸筋下に入れる場合には、乳腺には触れないので、授乳に対する安全性は高いといえます。しかし、乳腺下に入れる場合は、多少影響があるでしょう。また、どちらの場合も、手術時には、稀に乳腺を傷付けてしまうこともありますし、術後の強いマッサージによって傷付けてしまうこともあるのです。バッグの除去によっても乳腺を傷付けることはよくあります。ですから、全く安全というわけにはいきません。

また、バッグの圧迫によってが母乳が出にくい場合もあり、反対に母乳による乳腺の圧迫によって、バッグが破損するといった問題も少ないですがあるのが事実です。もちろんバッグが破損して中身が出てしまうと授乳は出来ません。コヒーシブシリコンなどのバッグであれば中身が出なくて大丈夫だといわれていますが、実際には母乳への影響が心配なので、やはりやめた方が良いでしょう。バッグの交換なども、授乳中は出来ず、授乳後まで待つことになります。

他に問題としては、母乳のせいで胸が張っているのか、バッグの拘縮を起こしているかが自分ではわかりにくいということがあります。実際、豊胸手術をした後の授乳時においては、拘縮や乳腺炎が起きやすいものです。十分に気を付ける必要があるでしょう。そしてもう一つの問題として、バストの変形があります。授乳後は、誰でも多少はバストがたるんだりしぼんだりするため、その影響があらわれると、授乳後に形が変わってしまう恐れもあるのです。

このように、基本的には授乳に影響がないとされる豊胸手術ですが、中には稀に母乳が出にくかったり、授乳後のバストに影響が出る場合もありますので、出産を考えている女性であれば、手術を受ける前に、そういったことも十分に理解しておく必要があるでしょう。

豊胸手術の人気の秘密は?大きなメリットを期待出来る魅力とは

バストに悩む女性にとって、大きく美しいバストを手に入れる近道として、豊胸手術は大変人気があります。数ある豊胸法・バストアップ法の中でも一番人気が高いのは何故でしょう。それは、すぐに希望通りのバストを手に入れられるという、最大のメリットがあるためです。

バストアップ体操やサプリメント、豊胸クリームなどのグッズでは、効果があらわれるまでに長期間を要する上に、効果が確実に出るとは限りません。しかも、毎日の地道な努力が必要となります。さらに年齢が高くなるにつれて、こうした方法では効果が期待出来ないのが現状です。

その点、豊胸手術には、確実にバストアップが出来るという最強のメリットがあります。大きさはもちろん、形や感触なども希望通りのバストにすることが出来るのです。まさに夢のようではないでしょうか。しかも、手術を受けたその日から理想のバストを手に入れられるのです。つまり、時間と労力が不要な理想的豊胸法だといっても過言ではありません。

豊胸手術にも大きく分けて3つの方法があります。まず「バッグ挿入法」においては、希望通りの大きさ・形・感触のバストに出来るという最大のメリットがあります。しかも、バッグが破損しない限り、その効果は持続します。バッグの寿命は約10年程といわれていますから、その長い効果も大きなメリットでしょう。

次に「脂肪注入法」ですが、これはバックと違って、自分の脂肪を注入するため、身体からの拒絶反応も無く、定着しやすいのが最大のメリットです。身体にメスを入れなくて良いのも大きな魅力でしょう。そして、お腹や脚など、自分の気になる部分から脂肪を吸引出来るため、痩身効果があるのも嬉しいですね。

そして、「ヒアルロン酸注入法」ですが、これは身体の成分でもあるヒアルロン酸を注射器で挿入するだけのプチ豊胸です。最も安全で安心だといえるでしょう。もちろん傷も付きません。これは最大のメリットだといえますね。

このように、豊胸手術には、それぞれの方法においてメリットがあります。しかし、手術というからには、もちろん身体にメスを入れるものもあります。危険を孕んでいるという大きなデメリットがあることも忘れてはいけません。その上で、自分に合った豊胸手術を選び、医師とよく相談して行うことが大切です。

バストの悩みは女性にとって深刻です。こうした悩みを取り除き、自信を持って前向きになれるのであれば、それが豊胸手術の何よりのメリットとなります。後で後悔しないよう、よく考えたうえで受けるのであれば、豊胸手術の効果を活かすのも良い選択かもしれません。

その情報は正確!?頼りになる豊胸ブログの落とし穴

豊胸を望む女性にとって、豊胸手術すぐに理想のバストを手に入れることが出来る夢のような豊胸法ですが、いくら大勢の人が受けているからといって、全く安全というわけではありません。手術を受けるのが怖かったり、手術について不安があったりするのは当たり前でしょう。そんな時、心強いのは経験者の声ですね。

しかし、そうそう身近に豊胸手術を受けた人がいるわけではないので、生の体験談を聞くことは出来ません。そこで参考になるのが豊胸手術を受けた人の体験談ブログです。豊胸手術には、疑問に思うことや心配に思うことがたくさんありますから、手術を受けてからのリアルな経験・経過を体験者の声で知ることが出来るのは心強いですね。

まずは手術がどんな状態で行われ、どれほどの痛みや時間が掛かるのか、術後、日を追っての回復状態や、ダウンタイムの期間はどれほどなのか、また費用はどれくらい掛かるのかといった具体的な疑問を、ブロガ―の生の声によって解消することが出来るでしょう。何より、どこの病院で受けて良かったか、悪かったかといった病院の口コミも非常に貴重な参考になると思います。

もちろん手術前後の経験だけでなく、その後の経過も体験ブログによって知ることが出来ます。手術後何年か経ってからのバストの状態や傷跡の状態、豊胸したことがバレたりはしないのか、また、手術を受けて良かったと思っているのか、それとも後悔しているのかといった、医師とのカウンセリングでは分らない事実を知ることが出来るのです。
(⇒豊胸手術後に後悔を感じる失敗

しかし、もちろんこうしたブログはネット上に存在するだけで、実際は誰が書いたものかもわかりません。知り合いの経験者に話を聞くのとは、信頼性が全く違うことをよく理解しておいてください。中には写真付きなどで、詳しく書かれているブログもあり、信憑性の高いものもありますが、全部が真実であるとは限らないのです。

その人の目的や気持ちが表われるブログでは、公平な判断も欠けている場合が多いですし、もしかしたら実際の経験談ではない場合だってあるでしょう。より多くの情報を集め、疑問や不安を解消するのに、豊胸ブログを活用することはとても効率が良く、役立つものですが、情報の正確性の判断を誤らないようにし、頭から信用してしまわぬよう気を付けましょう。

豊胸手術ってどんなもの?その手術方法を知りたい!

大きく美しいバストは、全ての女性の憧れです。バストの悩みを抱える女性は多く、豊胸手術を受ける人は年々増えています。プチ整形などの普及により、豊胸手術も気軽に受ける人が増えてきたためだと言えるでしょう。では、豊胸手術というのは、どんなものなのでしょうか。

豊胸手術には、大きく分けて「バッグ挿入法」、「脂肪注入法」、「ヒアルロン酸注入法」の3つがあります。バッグ挿入法というのは、文字通り、人口バックを乳腺下や大胸筋下に挿入する方法です。バックの種類としては、一番古くからある生理食塩水の他、コヒ―シブシリコン、バイオジェルなどがあり、形もラウンド型、アナトミカル型、アシンメトリ型など、素材や大きさ、形などが選べるのが利点です。

しかし、異物を体内に入れるこの方法では、身体が拒絶反応を起こして拘縮したり、バッグが破損するなどの危険性もあります。また、切開してバッグを入れるのですから、当然メスを入れた傷は残ります。

次に脂肪注入法です。これは、自分の脚部や腹部から脂肪を吸引し、それをバストに注入する方法です。自分の脂肪を入れるのですから、バッグ挿入とは違って、身体の拒絶反応も少ないですが、脂肪が吸収されてしまい、段々小さくなってしまうという欠点があります。

そこで、取りだした脂肪から幹細胞を抽出して培養し、残りの脂肪と一緒に注入するという脂肪幹細胞移植が主流になってきました。この方法だと、注入した脂肪幹が生きた状態となって、吸収されてしまうことがありません。また、ウェイトフィルターなどの専用機器によって、取りだした細胞から不純物を取り出し、健全な脂肪のみを移植するコンデンスリッチ法というのも人気が高まっています。

この定着率が良い脂肪注入法ですが、脂肪を吸引した部分の傷跡や形の問題や、時間や費用が掛かるなどの問題も抱えています。

そして最後はヒアルロン酸注入法です。これは注射によってヒアルロン酸をバストに注入するだけの安全な方法です。本来身体にある成分を入れるのですから、拒絶反応も無いですし、注射なので傷跡も残りません。しかし、一般的にプチ豊胸と呼ばれるこの方法は、体内にヒアルロン酸が吸収されてしまうため、効果は数年ほどしか持ちません。定期的に施術を行うことで、結果、費用と手間が掛かるのが欠点だと言えましょう。

このように、豊胸手術には、その方法によってそれぞれにメリット・があります。事前によく知識を得、失敗の無いよう、自分に合った手術法を選ぶことが大切なのです。
(⇒豊胸手術によるメリットとは
(⇒豊胸手術におけるデメリットとは

自分で簡単にバストアップが出来る!?3つの簡単豊胸法とは

魅力的なバストには憧れるけれど、豊胸手術をするほどではないという方にとっては、もっと簡単に豊胸が出来れば、とても嬉しい事ですね。自分で出来る効果的な豊胸法としては、豊胸に良いとされるイソフラボンやボロン、たんぱく質やビタミンなどを豊富に摂って、栄養バランスの取れた食生活をすることが一番です。しかし、これはなかなか簡単にというわけにはいかないでしょう。
(⇒バランスの取れた食事が豊胸に大切な理由

そこで、もっと自分で簡単に続けられる豊胸法として、「大胸筋を鍛える運動」、「マッサージ」、「ツボ押し」の3つをおすすめ致します。バストは大胸筋・乳腺・脂肪から出来ていますが、まずバストを支える大胸筋を鍛えることで、バストアップの効果があります。具体的な方法としては、両手を胸の前に合わせ、肘を張って手のひらを強く押し付け合う運動があります。また、腕立て伏せやダンベル運動なども効果的です。

残りの乳腺・脂肪は鍛えることは出来ませんから、代わりにマッサージによって血行と代謝を促し、バストにハリを与えます。また、食べ物からの効果同様、女性ホルモンを活発化する作用もあるので、さらに豊胸効果が期待出来るでしょう。具体的なマッサージ法は、まず右手で左のバストをすくうように脇から中心に向ってなぞります。この時周りの肉を寄せ、バストを持ち上げるように行うのが効果的です。これを左手で右のバストも交互に行ってください。

そしてもう一つの簡単な豊胸法としてツボ押しがあります。豊胸に効果的とされる代表的なツボは、両脇の胸板と乳房の境目にある「天渓」と、左右の乳頭を線で結んだ真ん中にある「だん中」などがあります。天渓は乳腺の発達を促し、だん中は女性ホルモンの分泌を促進します。どちらも豊胸には効果的なツボでしょう。

こうしたマッサージやツボ押しは、入浴中や入浴後など、身体が温まって、心身ともにリラックスしている時に行うのが最も効果的です。毎日決まった時間に習慣付けて行うのが良いでしょう。これら3つの豊胸法は、自宅でテレビを観ながらでも出来る、非常に簡単なものです。是非食生活の改善と共に続けていただき、簡単に、そして簡単といえども大きな成果を上げてみて下さい。

3 / 3123