バストアップ・豊胸の基礎知識・マメ知識

記事一覧

人口バッグはレントゲンにバッチリ写る!でも心配は無用です

現在では、豊胸手術を受ける女性はとても多くなっています、美しくて豊かなバストは、女性の誰もが憧れるものすね。しかし、技術の発達によって気軽に豊胸手術を受ける女性が増えると同時に、様々な不安や疑問も増えてきました。そのひとつに、豊胸手術後に健康診断でレントゲンを撮ったらどうなるのかというものがあります。

結論から言うと、人口バッグはレントゲンに写ります。人口バッグの素材によって鮮明さは違ってきますが、ほとんどのバッグが白い影となってレントゲンに写るのです。また、実際にレントゲンの画像を見なくても、撮影時にレントゲンの板に胸を押し付けた時にわかる場合もあります。自然の乳房と違って、板にピッタリとはくっつかないことで、技師にはわかる場合があります。

とはいえ、医療関係者には守秘義務がありますし、バッグの陰によって異常があると診断されることはないので安心してください。出来れば撮影前に、キチンと申告するのが良いでしょう。しかし、会社での健康診断などで、レントゲン車で行う場合など、周りにバレるのではと心配な場合は、他の理由を挙げ、違う病院でレントゲンを撮ることをおすすめします。

このようにレントゲンに写るのは、人口バッグだけであり、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法などによる豊胸手術を受けた場合は、レントゲンには写りません。レントゲンに写るからと言って、それだけのためにむやみに心配する必要はありませんが、もしどうしても気になるようでしたら、バッグ挿入法ではなく、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法などの豊胸手術を選んだ方が良いでしょう。

どちらにしろ、豊胸手術をしたという事実は、今後何かしらの心配や不安が付いてくるものです。そうしたことも理解したうえで受けなければなりません。美しいバストを手に入れるためには、それなりの覚悟が必要だというわけですね。

豊胸手術を受けると乳がんになる?正しい知識で不安を解消しましょう

豊胸手術を受ける女性にとって、乳がんになるのではないかと心配される方は多いものです。実際に、人口バッグを挿入すると乳がんになりやすいという噂はよく耳にするところですね。以前にそういった問題が取り上げられ、シリコンバッグが敬遠されたのは事実です。しかし、近年の研究結果においては、豊胸手術と乳がんの因果関係はないとされています。

乳がんはあくまでも乳腺から発生する癌であり、豊胸手術が引き金になるということはないというのが一般的な見解です。強いて言うならば、豊胸手術を受けたために、乳がん検診を受けるのが不安で、検査を怠ってしまうことに原因があるのかもしれません。

現在の乳がん検診の主流はマンモグラフィーです。小さなガン細胞も発見出来る感度の高い検査方法ですが、これは乳房を強い力で圧迫して撮影するため、豊胸手術をした人は受けられません。圧迫により人口バッグが破損したり、形が崩れてしまうからです。そのため乳がん検診は触診と超音波検査で行います。もちろん乳がん検診を受ける際は、豊胸手術をした旨をキチンと申告しなければならず、そうしたことに躊躇して、乳がん検診に消極的になる人もいるのです。

そのため最近では、豊胸手術を受けた病院で乳がん検診を受けることが多く、そうしたアフターケアが整った病院を選ぶことも大切です。豊胸手術を受けたかどうかは関係なく、定期的な乳がん検診を心掛けましょう。
(⇒豊胸手術の病院選びの重要性

そして、乳がんと豊胸手術の関係が最も大きいのは、乳がんの摘出によって乳房を切除した後の「乳房再建術」でしょう。この乳房再建術には2通りあり、ひとつは身体の一部を移植する「筋皮弁法」と、人口乳腺を挿入する「インプラント法」です。こうした豊胸手術は、乳がん後の患者の喪失感や不安を、見た目だけでなく、気持ちのうえからも前向きにしてくれます。

ですから、豊胸手術と乳がんの関係をいうならば、どちらかといえばマイナスではなく、プラスの要素が高いといえるでしょう。豊胸手術を受けるには、不安要素もたくさんありますから、こうした事実を理解し、余計な不安を抱えないようにしましょう。

信頼出来る病院選びは豊胸手術の最重要ポイントです!

気軽に受ける人が多くなった豊胸手術ですが、やはり危険や失敗が伴うのが事実です。出来れば手術した後に後悔しないよう、事前にしっかりと病院選びすることが大切です。豊胸手術を行っている病院は数多くあるため、選ぶのは大変ですね。そこで病院を選ぶ際のポイントを、いくつか挙げてみましょう。

まずは何と言っても信頼出来る病院であるかが重要です。それには、電話やメールで問い合わせ、カウンセリングを受ける段階である程度はわかります。電話やメールでの対応は正確で丁寧か、カウンセリングでは手術後のリスクまで説明し、質問にしっかり答えてくれるかなどです。また、しっかりと料金を表示しているかという点も、信頼出来るかどうかの目安になります。
(⇒豊胸手術の平均的料金

そして対応だけでなく、確かな条件としては、手術後の保証制度がしっかりしているかどうかです。保証が充実しているということは、それだけ術後のトラブルが少ない事の証拠です。技術に自信がある病院だということなのです。それに加え、定期検診やカウンセリング、乳がん検診などのアフターケアがしっかり整っているか、またそういったアフターケアが費用に含まれるのか、別料金なのかといったところも重要です。
(⇒豊胸手術にとってアフターケアが大切な理由

もちろん手術をするのは医師ですから、病院と同様に、医師を選ぶのも重要です。経験が豊富か、質問に面倒がらずに答えてくれるかなどがポイントとなります。相性もありますし、手術方法や技術に納得がいかない場合は、カウンセリング後に止めても良いのです。決して疑問や不安を持ったままで受ける事は避けましょう。

また、他に病院選びで基準となるものには、高い技術・明確な費用・長い歴史・評判の良い口コミなどがあります。さらには病院が清潔かどうかなども実際に訪れた時点でチェックしてみると良いでしょう。具体的な印としては、CRF協会(日本医療脂肪幹細胞研究会)の認証マークがあれば、純正の機器を正しいプロセスで行っているかの基準になりますし、他にも国際美容外科学会・日本形成外科学会・日本美容外科学会・日本脂肪吸引学会・日本麻酔科学会などに所属しているかどうかもチェックしてみると良いですね。
(⇒豊胸手術に大切な最新技術

豊胸手術は決して気軽に受けられるほど簡単な手術ではありません。手術後に、失敗や身体への悪影響が無いよう、信頼できる病院選びをすることが大切です。いくつかの病院でカウンセリングを受け、自分に合った病院で、十分に納得してから受けるようにしましょう。

ここまで進化している豊胸手術の最新技術!その実情を知ろう

豊胸手術は、その需要性の高まりによって、日々進化しています。では、現在の最新技術における豊胸手術をご紹介しましょう。まず、脂肪注入法においては、「コンデンスリッチファット豊胸」が最先端だといえるでしょう。往来の脂肪注入法は、生着率も悪く、そのために石灰化を起こす部分が多かったため、吸入した脂肪の半分から幹細胞を抽出し、残りの脂肪と一緒に注入する脂肪幹細胞注入法が産まれました。

しかし、この方法では注入できる脂肪が吸入した脂肪の半分であるため、その分脂肪を多く吸引しなくてはならないというデメリットがありました。そして、生着率は良くなったものの、やはり石灰化する部分も多く、完全とは言えなかったのです。そこで生まれたのがコンデンスリッチ豊胸なのです。

このコンデンスリッチ豊胸というのは、吸入した脂肪を濃縮し、ウェイトフィルターによって分離します。このウェイトフィルターは、通常の25倍ほどの遠心分離力を持ち、死活・老化細胞までしっかりと分離するため、健康な脂肪のみを抽出することが出来るのです。また、シリンダー内の密封状態で無菌状態のまま分離するため、感染症のリスクもかなり軽減されるようになりました。

脂肪幹細胞法とは違って、吸引した脂肪を無駄なく注入できるうえに、生着率も良く、石灰化のリスクもほとんどみられなくなりました。今までの脂肪吸引法を最新技術によって克服した最新豊胸法だといえるでしょう。

もちろんバッグにおいても、技術の進歩がみられます。現在、最新技術が最も活かされているのがソフトコヒーシブシリコンバッグです。往来のシリコンバッグは、カプセル拘縮が起こる場合が多く、バッグが破損した場合に中身が漏れるという危険性も孕んでいました。それを解消したのがコヒーシブシリコンです。

硬い固形状で、中身が漏れないという安全性があり、表面がザラザラしたテクスチャードタイプの登場で、カプセル拘縮が起きにくくなりました。しかし、感触が硬いという欠点があり、それを改善したのがソフトコヒーシブシリコンバッグなのです。安全性プラス自然な感触を実現した最新技術を駆使したバッグだといえましょう。

まら、脂肪注入やバッグ挿入の他にも、最新技術の豊胸法として「PPP+PRPジェル豊胸法」などもあります。これは、自分の血液からPPP(少血小板血漿)とPRP(多血小板血漿)を遠心分離で取り出し、特殊な熱処理によってジェル状化し、バストに注入するものです。異物を入れたり、メスを入れたりするのに抵抗がある方には最適な最新豊胸法でしょう。

この他にも、プチ豊胸といわれる分野でも様々な最新法があります。もちろん術後のアフターケアにおいても、最新技術を導入した病院が増えています。しかし、こうした発達した最新技術においても、完璧は期待出来ないのが実情です。信頼出来る病院を選び、医師とよく相談してから行うのは基本ですが、さらにこうした最新技術を取り入れた病院で受ける事をおすすめします。
(⇒豊胸手術にアフターケアが大切な理由

豊胸手術はいつから始まったの?歴史を知って考えること

豊かなバストへの憧れは、昔からありました。日本では、着物から洋服への変化によって、バストの大きさが気になるようになったとされています。豊胸手術の歴史は1950年代にパラフィンやシリコンを注入するという形で始まりましたが、それ以前にも、パラフィンを注射する方法は一部の女性に行われていたようです。

パラフィンとは、石油を原料とした炭水化物化合物で、とても身体に良い物ではありません。そのため、この時代の豊胸後には、感染症や、注入部の組織の破損・炎症が数多く見られていました。

世界で初めてシリコンバッグを挿入したのは、1963年のことです。その後、このシリコンバッグ挿入が人気となったものの、バッグの拘縮・中身の漏れ・バッグの破損が多発し、それが乳がんを引き起こしたり、組織に癒着して危険などの理由で、1992年には一度、シリコンバッグが禁止となりました。

その後登場したのが、現在でも使用されている生理食塩水バッグです。そして、現代に主流となっている、コヒ―シブシリコンバッグやハイドロジェルバッグが次々に開発されてきたのです。

こうした豊胸手術の始まりは、もともとは乳房を切除した女性の為の「乳房再建術」でした。その始まりは1893年だとされています。その医療技術から始まったのが、豊胸手術なのです。日本では、1980年頃から普及し始めました。

1987年には、脂肪吸引法も開発されましたが、注入した脂肪がうまく定着せずに、石灰化する部分が多く、それが乳がんにも繋がる危険性があるとされ、あまり人気とはならなかったのが実情です。現在でも他国においてはバッグ挿入法が主流であり、日本ほど脂肪注入法は行われていません。

このように、豊かで美しいバストは、いつの時代も変わらず女性の願望であったようです。ただ豊胸手術の歴史は、こうしてその都度問題が生じて発展してきたわけですから、現在でももちろん完全であるとはいえません。この先、今使用されているバッグが問題になる可能性も否定は出来ないでしょう。そうしたことも頭に入れていただき、後悔の無いように受けることが大切なのです。

相反する豊胸とダイエット・・両方の成功は可能か!?

豊かなバストに細くくびれたウエストラインは、女性にとって理想的な、憧れのボディですね。ただ痩せてもバストが小さくては、魅力的な身体とはいえません。出来ればダイエットと豊胸の両方を成功させたいものですね。ダイエットをして、胸も小さくなってしまった経験をお持ちの方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。痩せる時には、胸の脂肪が落ちやすく、胸から痩せてしまうパターンが多いのです。

特に、食事制限をしてダイエットをした場合、栄養の偏りからバストのハリも失われてしまいます。栄養不足によって女性ホルモンの分泌も低下し、乳腺やバストの脂肪も衰えてしまうため、バストまで痩せてしまうのです。これではダイエットに成功しても、女性としてのハリやつやが失くなってしまうばかりか、リバウンドしやすいという欠点もあるのです。

では、ダイエットと豊胸の両方を成功させる方法はないものでしょうか。それには、筋肉を鍛える運動をおすすめします。運動をすることで、動かした筋肉の脂肪を燃やし、新陳代謝が活発になります。これはダイエットにとって欠かせない効果でもあります。そして、豊胸に欠かせないものでもあるのです。

バストを支える大胸筋を鍛えることで、バストアップをすることが出来ます。そしてこの大胸筋を鍛える運動によって、二の腕・肩・胸の筋肉の新陳代謝を高め、脂肪を燃焼させるため、上半身全体のダイエット効果があるのです。具体的な運動方法としては、胸の前に両手のひらを合わせ、肘を張って手のひらを強く押しつけ合います。この状態を5秒程キープし、それを10回ほど繰り返します。

また、ダンベルを両手に持ち、前かがみの姿勢で両腕が水平になるまでゆっくり持ち上げたり、腕立て伏せをすることも大胸筋を鍛え、ダイエット効果にも繋がります。他にも、ヨガやストレッチなど、筋肉を鍛え、脂肪を燃焼させる運動によって、ダイエットと豊胸の両方への効果が期待出来るでしょう。

もちろん手っ取り早い方法としては、腹や脚から脂肪を取って、バストに注入する、脂肪注入法による豊胸手術という手もあります。しかし、デメリットも多い豊胸手術に頼る前に、まずはこうした運動によって、自宅で安全にダイエットと豊胸の両方を目指してみましょう。

アフターケアで万全な対策を!豊胸手術で失敗しないために

豊胸手術には、残念ながら失敗してしまうケースもあります。その中でも特に多いのが、バッグ挿入法による、バッグのカプセル拘縮です。このカプセル拘縮というのは、異物を身体の中に入れたことによる拒絶反応で、バッグの周りに膜を作って押し出そうとする結果、圧迫されて硬くなってしまう状態です。ひどくなると、胸が張って形も不自然になり、痛みも伴います。

こうした状態を防ぐには、術後のアフターケアがとても大切です。まず、術後2、3日は絶対安静が必要です。この時期無理をするのは手術部位だけでなく、身体全体への負担も大きいので、出来れば仕事もお休みしましょう。そして抜糸までは、お風呂は避け、シャワーだけにしてください。1週間後に抜糸をしたら、今度はマッサージを始めましょう。

2週間後までは、腫れや痛みも続きますので、下着はなるべく着用せず、圧迫することのないようにしてください。1ヶ月後になると状態もほぼ安定してきます。この間の安静と十分なマッサージが、その後の手術部位の状態を格段に良くしてくれます。

脂肪注入法でも、アフターケアはほぼ同様です。バッグ挿入と違って拘縮は起きませんが、脂肪を移植した部分は大変不安定です。定着する2、3週間は安静が必要でしょう。激しい運動は絶対に避けて下さい。そしてマッサージも大切です。その後の脂肪の石灰化を防ぐ上でも、この時期に十分マッサージをして、脂肪の生着を促進しましょう。

また、脂肪を吸引した吸引部のアフターケアも大事です。腫れやむくみ、痛みが少しでも早く改善されるよう、3週間ほどはマッサージを続けましょう。これらのマッサージは、自己流は禁物です。手術の前後に、医師による指導を受けて行ってください。

アフターケアが充実している病院を選ぶことは、術後のトラブルを防ぐためにも大変重要です。マッサージの指導はもちろん、定期健診、MRI検診、カウンセリング、薬などのアフターケアをきちんと行ってくれる病院こそが良い病院だといえます。こうしたアフターケアの費用も込みなのか、それとも別料金なのかといったところも、事前によく確認しておくと良いですね。

また、超音波によって拘縮を防ぐ「EUSトリートメント」や、高周波によって血行を促進し、細胞を活性化する「CET温熱法」等、最新技術でケアをしてくれる病院であれば尚良いでしょう。

また、バッグを挿入するとマンモグラフィーは受けられませんし、脂肪注入した後の乳がん検査では、石灰化部分の判断が難しいものです。そうした理由で、豊胸手術をした女性は、乳がん検査を怠りがちです。ですから、乳がん検査も行ってくれる病院であればさらに安心でしょう。

このように、豊胸手術にはアフターケアがとても大切です。手術後のことまで事前によく医師と相談し、信頼出来る病院を選んで受けるようにしてください。

バストの大きさに遺伝は関係ない!諦めないで生活習慣による豊胸を

バストの小ささに悩む女性は多いものですが、その中でたまに聞かれるのが、「母親が小さいから自分も小さい」という声です。確かに体型は遺伝することが多いですね。身長や体格はが親子で似ているという場合はよくあります。では、バストに関しても遺伝はあるのでしょうか。バストを支える大胸筋や、助骨・胸骨など、筋肉や骨格は確かに遺伝することがあります。体格が遺伝するのもこのためです。しかし、バストの大部分は、乳腺と脂肪から出来ています。この乳腺や脂肪は、遺伝とは関係がありません。

この乳腺や脂肪は、主に女性ホルモンによって影響を受けます。ですから、もし親子でバストの大きさが似るとすれば、それは食生活や生活習慣を同じくしているためだと言えるでしょう。バストは、思春期から成長期にかけて女性ホルモンが活発になる時期に、一気に成長します。ですから、この時期には、女性ホルモンを活発化する食生活を心掛けること、女性ホルモンの分泌を妨げる過度のストレスを溜めないようにすること、正しい下着と姿勢を身に付けることなどによって、バストが豊かになります。もちろん母親が小さくても関係がないのです。

また、この時期を逃し、満足のいく大きさにならなかったとしても、決して諦めないでください。女性ホルモンを活発化するたんぱく質・イソフラボン・ボロンなどを十分に含んだ、バランスの良い食生活を心掛け、バストアップに効果的なマッサージや運動をすることで、十分な豊胸が可能です。また、女性ホルモンは環境によっても、その分泌が大きく作用されるので、分泌が活発になる夜には十分な睡眠を取ることが大切ですし、ストレスを溜めないリラックスした生活を心掛けることも大切です。こうした生活習慣を身に付けることによっても、豊胸効果が十分期待出来るでしょう。。

母親が小さいから遺伝だと諦め、豊胸手術などを考える前に、まずは「栄養バランスの取れた食事」、「大胸筋を鍛える運動」、「女性ホルモンを活発にするマッサージ」など、大きな効果が期待出来る豊胸法を、自分で実践してみてはいかがでしょう。

豊胸手術に失敗は付きもの!?不自然なバストにはなりたくない

バストの悩みは女性にとっては大変深刻な問題です。豊胸手術に人気があるのはそのためですが、その豊胸手術を受けたことによって、さらに深刻な問題を抱える人も数多くいます。手術の方法や、受けた病院などによって、失敗をしてしまったという例は後を絶ちません。憧れのバストを手に入れるどころか、失敗によってダメージを受けてしまっては大変です。豊胸手術には失敗例が多いこともよく知っておきましょう。

まず、豊胸手術において一番多い失敗例としては、やはり形や大きさがいびつであったり、不自然であったり、左右がアンバランスだったりといった見た目の問題でしょう。美しいバストを望んだはずが、へこんだり、ずれたり、波打ったりと不自然になってしまうのは耐え難いものです。

こうした失敗例は、主に「バッグ挿入法」によって起きる失敗ですが、見た目の不自然さだけでなく、硬かったり、ベコベコしたりといった感触の不自然さも大きな問題です。パートナーにバレはしないかという不安感は、女性にとってとても重大なものでしょう。ただでさえ、身体に異物を入れているという不安感もあります。そうした精神的ストレスも失敗例のかなりな部分を占めています。

また、バッグのズレや破損だけでなく、カプセル硬縮という失敗例も数多くみられます。これは、異物を身体に入れたことによって、身体が拒絶反応を起こし、バッグの周りに膜を作って押し出そうとする結果、バッグが圧迫されて硬くなってしまう状態です。胸が張り、痛むばかりか、ボールのような不自然な形になってしまいます。

このようにバッグを挿入したことによる失敗は、ひどければバッグを除去し、再手術をしなければなりません。これは身体へのダメージがかなり大きいものです。また、バッグを挿入する際の傷跡も、再度覚悟しなければなりませんね。この切開の傷跡が残ったという失敗例も、実はかなり多いのです。ほとんど目立たなくなるといわれても、身体にメスを入れるのですから、場合によっては傷跡が残ってしまうケースもあるのです。

もちろんバッグ挿入法だけでなく、「脂肪注入法」においても、生着しなかった脂肪にカルシウムが沈着して石灰化してしまうという失敗例もあります。こうなるとしこりになって、大きさや形が不自然になるだけでなく、後遺症や感染症の心配もしなくてはなりません。身体への影響はかなりなダメージであり、見た目の失敗より大きいものです。

このように、豊胸手術はけっして安全だとは言い切れず、失敗例がかなり多いこともよく知っておきましょう。気軽に受ける人が増えていますが、プチ豊胸といわれる「ヒアルロン酸注入」ですら、しこりが出来たという失敗もあるのです。ましてや、身体にメスを入れる手術であれば、危険と失敗が付きものです。後で後悔しないよう、信頼出来る医師とよく相談したうえで受ける事をおすすめします。

人気の豊胸手術にもデメリットが!?その隠れた危険性とは?

理想的なバストが一瞬にして手に入るというメリットから、人気の高い豊胸手術ですが、もちろんメリットばかりではありません。身体にメスを入れる手術の場合は特に、身体への負担や危険が大きいのが事実です。それは豊胸手術における最大のデメリットであるといえましょう。メリット同様、手術方法によってデメリットも違ってきます。

まず「バッグ挿入法」においては、まずバッグを入れる際に、脇の下、もしくは乳房の下を切開します。まさに身体にメスを入れるものであり、もちろん人によっては傷がなかなか治らなかったり、傷跡が残ってしまう場合もあります。これは、女性にとってかなり大きなデメリットでしょう。

さらに、異物を挿入することによって、身体が拒絶反応を起こし、バッグの周りに膜を作って押し出そうとします。するとバッグが硬く膨らんで硬縮状態になり、胸が張ったり、ひどいとバッグを除去しなければなりません。また、バッグの異物感が気になったり、見た目や感触の不自然さから、バレはしないかと心配になったりと、精神的なダメージが大きくなってしまう場合もあります。

次に「脂肪注入法」ですが、自分の脂肪を注入しても、実際に生着してくれるのは半分ほどの脂肪だといわれています。すると、残りの脂肪にカルシウムが沈着して石灰化し、壊死を起こしてしまうという大きなデメリットがあります。こうなると、しこりが出来てしまったり、乳がんを誤診される場合もあります。また、脂肪を吸引した部分の不自然さや傷も大きなデメリットとなることも多いのです。

そして「ヒアルロン酸注入法」においては、身体的なデメリットはほとんど無い優等生ですが、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうため、その効果は数か月だといわれています。繰り返し施術を受けに行かねばならないため、結果、時間と費用がかかってしまうというデメリットがあります。

このように、人気の豊胸手術にも、身体に悪影響を及ぼすデメリットがたくさんあります。決して気軽に受けるものではないのです。それぞれの手術方法のデメリットを良く知り、医師とよく相談したうえで決めることが大切です。後で後悔しないよう、まずは十分な知識を得て、信頼出来る病院を選びましょう。

2 / 3123