豊胸手術後の授乳への影響

基本はオッケーでも稀に起こるトラブルも考えたい豊胸手術後の授乳

女性には、一生のうちに出産という一大イベントがありますね。しかし、その前に豊胸手術を受けた方にとっては、通常よりも何かと不安に思うことは多いのではないでしょうか。その中でも最も心配されるのが授乳に関してです。豊胸手術をしたバストから母乳をあげるのですから、安全面でも非常に心配なことだと思います。では、豊胸手術によって、授乳にどんな影響があるのでしょうか。

基本的には、よほどのことが無い限り、影響はありません。母乳は乳腺が傷付いていなければ、正常に母乳が作られ、授乳することが出来るのです。特に、脂肪注入法ヒアルロン酸注入法では、体内にある物を入れるだけですから、トラブルはほとんどありません。問題はバッグ挿入法となりますが、これも大胸筋下に入れる場合には、乳腺には触れないので、授乳に対する安全性は高いといえます。しかし、乳腺下に入れる場合は、多少影響があるでしょう。また、どちらの場合も、手術時には、稀に乳腺を傷付けてしまうこともありますし、術後の強いマッサージによって傷付けてしまうこともあるのです。バッグの除去によっても乳腺を傷付けることはよくあります。ですから、全く安全というわけにはいきません。

また、バッグの圧迫によってが母乳が出にくい場合もあり、反対に母乳による乳腺の圧迫によって、バッグが破損するといった問題も少ないですがあるのが事実です。もちろんバッグが破損して中身が出てしまうと授乳は出来ません。コヒーシブシリコンなどのバッグであれば中身が出なくて大丈夫だといわれていますが、実際には母乳への影響が心配なので、やはりやめた方が良いでしょう。バッグの交換なども、授乳中は出来ず、授乳後まで待つことになります。

他に問題としては、母乳のせいで胸が張っているのか、バッグの拘縮を起こしているかが自分ではわかりにくいということがあります。実際、豊胸手術をした後の授乳時においては、拘縮や乳腺炎が起きやすいものです。十分に気を付ける必要があるでしょう。そしてもう一つの問題として、バストの変形があります。授乳後は、誰でも多少はバストがたるんだりしぼんだりするため、その影響があらわれると、授乳後に形が変わってしまう恐れもあるのです。

このように、基本的には授乳に影響がないとされる豊胸手術ですが、中には稀に母乳が出にくかったり、授乳後のバストに影響が出る場合もありますので、出産を考えている女性であれば、手術を受ける前に、そういったことも十分に理解しておく必要があるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加