豊胸手術の方法とその特徴

豊胸手術ってどんなもの?その手術方法を知りたい!

大きく美しいバストは、全ての女性の憧れです。バストの悩みを抱える女性は多く、豊胸手術を受ける人は年々増えています。プチ整形などの普及により、豊胸手術も気軽に受ける人が増えてきたためだと言えるでしょう。では、豊胸手術というのは、どんなものなのでしょうか。

豊胸手術には、大きく分けて「バッグ挿入法」、「脂肪注入法」、「ヒアルロン酸注入法」の3つがあります。バッグ挿入法というのは、文字通り、人口バックを乳腺下や大胸筋下に挿入する方法です。バックの種類としては、一番古くからある生理食塩水の他、コヒ―シブシリコン、バイオジェルなどがあり、形もラウンド型、アナトミカル型、アシンメトリ型など、素材や大きさ、形などが選べるのが利点です。

しかし、異物を体内に入れるこの方法では、身体が拒絶反応を起こして拘縮したり、バッグが破損するなどの危険性もあります。また、切開してバッグを入れるのですから、当然メスを入れた傷は残ります。

次に脂肪注入法です。これは、自分の脚部や腹部から脂肪を吸引し、それをバストに注入する方法です。自分の脂肪を入れるのですから、バッグ挿入とは違って、身体の拒絶反応も少ないですが、脂肪が吸収されてしまい、段々小さくなってしまうという欠点があります。

そこで、取りだした脂肪から幹細胞を抽出して培養し、残りの脂肪と一緒に注入するという脂肪幹細胞移植が主流になってきました。この方法だと、注入した脂肪幹が生きた状態となって、吸収されてしまうことがありません。また、ウェイトフィルターなどの専用機器によって、取りだした細胞から不純物を取り出し、健全な脂肪のみを移植するコンデンスリッチ法というのも人気が高まっています。

この定着率が良い脂肪注入法ですが、脂肪を吸引した部分の傷跡や形の問題や、時間や費用が掛かるなどの問題も抱えています。

そして最後はヒアルロン酸注入法です。これは注射によってヒアルロン酸をバストに注入するだけの安全な方法です。本来身体にある成分を入れるのですから、拒絶反応も無いですし、注射なので傷跡も残りません。しかし、一般的にプチ豊胸と呼ばれるこの方法は、体内にヒアルロン酸が吸収されてしまうため、効果は数年ほどしか持ちません。定期的に施術を行うことで、結果、費用と手間が掛かるのが欠点だと言えましょう。

このように、豊胸手術には、その方法によってそれぞれにメリット・があります。事前によく知識を得、失敗の無いよう、自分に合った手術法を選ぶことが大切なのです。
(⇒豊胸手術によるメリットとは
(⇒豊胸手術におけるデメリットとは

このエントリーをはてなブックマークに追加