豊胸と女性ホルモンの関係

豊胸は女性ホルモンの活発化で効果的に!健康的にバストアップを

豊胸には、女性ホルモンが深く関わっています。女性は思春期から成長期にかけて、女性ホルモンが活発になって生理が始まりますね。すると女性ホルモンによって乳腺が発達し、その乳腺を守るためにバストに脂肪が付くのです。それでバストが膨らんでくるわけですね。ですからこの時期、無理なダイエットや激しいスポーツ、過度なストレスなどによって女性ホルモンの分泌が良くないと、バストの発達も悪くなってしまいます。

つまり、女性ホルモンの活発化によって、乳腺も発達し、バストのしっかりと脂肪が付くのです。バストは乳腺が1%、脂肪が90%で出来ていますから、女性ホルモンが豊胸のカギを握っているといっても過言ではありません。この女性ホルモンは年齢と共に衰えますが、成長期を過ぎたからといって諦めることはありません。規則正しい生活・バランスの取れた食生活・ストレスの軽減などによって、女性ホルモンの分泌を良くしましょう。
(⇒バストアップにはバランスの取れた食生活が欠かせない理由
ストレスがバストアップを妨げる理由

また、マッサージ・ツボ押し・筋トレなども、バストの血行を良くすることで女性ホルモンも活発化し、バストアップに繋がります。女性ホルモンが活発化することは、他にも貧血・肌荒れ・生理不順なども解消してくれるでしょう。特に、女性ホルモンであるエストロゲンは、子宮で受精卵を受け入れる準備をする卵胞ホルモンであり、女性らしい身体を作ったり、新陳代謝を高めてくれます。
豊胸に効果のある運動

このエストロゲンに似た働きをする成分としてイソフラボンがあり、イソフラボンを豊富に含む食品が大豆です。大豆には他にも、ストのハリ、美肌効果もあるたんぱく質も豊富に含まれていますから、豊胸にはダブルの効果が期待出来るといえるでしょう。大豆を含む食品には、豆腐・納豆・豆乳など、気軽に摂れるものもたくさんありますので、是非十分に摂って、豊胸に活かしてみてください。

こうした生活習慣や食生活でもなかなか女性ホルモンの活発化が難しい場合は、漢方やサプリメントの力を借りるのも効果的でしょう。漢方では、女性ホルモンの働きを正しくする当帰芍薬散がおすすめですし、サプリメントで一番人気なのはプエラリアです。プエラリアとはマメ科クズ属の植物で、タイにおいて昔から健康補助食品として愛用されてきたものです。エストロゲンと似た働きがあることから、豊胸効果があるとされています。

このように、女性ホルモンを活発化することで、バストアップが期待出来ます。豊胸手術などに頼る前に、まずはこうした健康的な生活改善から豊胸を始めてみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加