豊胸手術におけるデメリットについて

人気の豊胸手術にもデメリットが!?その隠れた危険性とは?

理想的なバストが一瞬にして手に入るというメリットから、人気の高い豊胸手術ですが、もちろんメリットばかりではありません。身体にメスを入れる手術の場合は特に、身体への負担や危険が大きいのが事実です。それは豊胸手術における最大のデメリットであるといえましょう。メリット同様、手術方法によってデメリットも違ってきます。

まず「バッグ挿入法」においては、まずバッグを入れる際に、脇の下、もしくは乳房の下を切開します。まさに身体にメスを入れるものであり、もちろん人によっては傷がなかなか治らなかったり、傷跡が残ってしまう場合もあります。これは、女性にとってかなり大きなデメリットでしょう。

さらに、異物を挿入することによって、身体が拒絶反応を起こし、バッグの周りに膜を作って押し出そうとします。するとバッグが硬く膨らんで硬縮状態になり、胸が張ったり、ひどいとバッグを除去しなければなりません。また、バッグの異物感が気になったり、見た目や感触の不自然さから、バレはしないかと心配になったりと、精神的なダメージが大きくなってしまう場合もあります。

次に「脂肪注入法」ですが、自分の脂肪を注入しても、実際に生着してくれるのは半分ほどの脂肪だといわれています。すると、残りの脂肪にカルシウムが沈着して石灰化し、壊死を起こしてしまうという大きなデメリットがあります。こうなると、しこりが出来てしまったり、乳がんを誤診される場合もあります。また、脂肪を吸引した部分の不自然さや傷も大きなデメリットとなることも多いのです。

そして「ヒアルロン酸注入法」においては、身体的なデメリットはほとんど無い優等生ですが、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうため、その効果は数か月だといわれています。繰り返し施術を受けに行かねばならないため、結果、時間と費用がかかってしまうというデメリットがあります。

このように、人気の豊胸手術にも、身体に悪影響を及ぼすデメリットがたくさんあります。決して気軽に受けるものではないのです。それぞれの手術方法のデメリットを良く知り、医師とよく相談したうえで決めることが大切です。後で後悔しないよう、まずは十分な知識を得て、信頼出来る病院を選びましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加