豊胸手術の失敗例について

豊胸手術に失敗は付きもの!?不自然なバストにはなりたくない

バストの悩みは女性にとっては大変深刻な問題です。豊胸手術に人気があるのはそのためですが、その豊胸手術を受けたことによって、さらに深刻な問題を抱える人も数多くいます。手術の方法や、受けた病院などによって、失敗をしてしまったという例は後を絶ちません。憧れのバストを手に入れるどころか、失敗によってダメージを受けてしまっては大変です。豊胸手術には失敗例が多いこともよく知っておきましょう。

まず、豊胸手術において一番多い失敗例としては、やはり形や大きさがいびつであったり、不自然であったり、左右がアンバランスだったりといった見た目の問題でしょう。美しいバストを望んだはずが、へこんだり、ずれたり、波打ったりと不自然になってしまうのは耐え難いものです。

こうした失敗例は、主に「バッグ挿入法」によって起きる失敗ですが、見た目の不自然さだけでなく、硬かったり、ベコベコしたりといった感触の不自然さも大きな問題です。パートナーにバレはしないかという不安感は、女性にとってとても重大なものでしょう。ただでさえ、身体に異物を入れているという不安感もあります。そうした精神的ストレスも失敗例のかなりな部分を占めています。

また、バッグのズレや破損だけでなく、カプセル硬縮という失敗例も数多くみられます。これは、異物を身体に入れたことによって、身体が拒絶反応を起こし、バッグの周りに膜を作って押し出そうとする結果、バッグが圧迫されて硬くなってしまう状態です。胸が張り、痛むばかりか、ボールのような不自然な形になってしまいます。

このようにバッグを挿入したことによる失敗は、ひどければバッグを除去し、再手術をしなければなりません。これは身体へのダメージがかなり大きいものです。また、バッグを挿入する際の傷跡も、再度覚悟しなければなりませんね。この切開の傷跡が残ったという失敗例も、実はかなり多いのです。ほとんど目立たなくなるといわれても、身体にメスを入れるのですから、場合によっては傷跡が残ってしまうケースもあるのです。

もちろんバッグ挿入法だけでなく、「脂肪注入法」においても、生着しなかった脂肪にカルシウムが沈着して石灰化してしまうという失敗例もあります。こうなるとしこりになって、大きさや形が不自然になるだけでなく、後遺症や感染症の心配もしなくてはなりません。身体への影響はかなりなダメージであり、見た目の失敗より大きいものです。

このように、豊胸手術はけっして安全だとは言い切れず、失敗例がかなり多いこともよく知っておきましょう。気軽に受ける人が増えていますが、プチ豊胸といわれる「ヒアルロン酸注入」ですら、しこりが出来たという失敗もあるのです。ましてや、身体にメスを入れる手術であれば、危険と失敗が付きものです。後で後悔しないよう、信頼出来る医師とよく相談したうえで受ける事をおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加