豊胸手術と乳がんの関係

豊胸手術を受けると乳がんになる?正しい知識で不安を解消しましょう

豊胸手術を受ける女性にとって、乳がんになるのではないかと心配される方は多いものです。実際に、人口バッグを挿入すると乳がんになりやすいという噂はよく耳にするところですね。以前にそういった問題が取り上げられ、シリコンバッグが敬遠されたのは事実です。しかし、近年の研究結果においては、豊胸手術と乳がんの因果関係はないとされています。

乳がんはあくまでも乳腺から発生する癌であり、豊胸手術が引き金になるということはないというのが一般的な見解です。強いて言うならば、豊胸手術を受けたために、乳がん検診を受けるのが不安で、検査を怠ってしまうことに原因があるのかもしれません。

現在の乳がん検診の主流はマンモグラフィーです。小さなガン細胞も発見出来る感度の高い検査方法ですが、これは乳房を強い力で圧迫して撮影するため、豊胸手術をした人は受けられません。圧迫により人口バッグが破損したり、形が崩れてしまうからです。そのため乳がん検診は触診と超音波検査で行います。もちろん乳がん検診を受ける際は、豊胸手術をした旨をキチンと申告しなければならず、そうしたことに躊躇して、乳がん検診に消極的になる人もいるのです。

そのため最近では、豊胸手術を受けた病院で乳がん検診を受けることが多く、そうしたアフターケアが整った病院を選ぶことも大切です。豊胸手術を受けたかどうかは関係なく、定期的な乳がん検診を心掛けましょう。
(⇒豊胸手術の病院選びの重要性

そして、乳がんと豊胸手術の関係が最も大きいのは、乳がんの摘出によって乳房を切除した後の「乳房再建術」でしょう。この乳房再建術には2通りあり、ひとつは身体の一部を移植する「筋皮弁法」と、人口乳腺を挿入する「インプラント法」です。こうした豊胸手術は、乳がん後の患者の喪失感や不安を、見た目だけでなく、気持ちのうえからも前向きにしてくれます。

ですから、豊胸手術と乳がんの関係をいうならば、どちらかといえばマイナスではなく、プラスの要素が高いといえるでしょう。豊胸手術を受けるには、不安要素もたくさんありますから、こうした事実を理解し、余計な不安を抱えないようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加